スポンサーリンク
未分類

【知っているようで知らなかった童謡について調べてみた】「牧場の朝」って日本の曲だったの??

童謡「牧場の朝」は調べてみると杉村楚人冠という人が福島県の岩瀬牧場の鐘を聞いて詩を作ったことで生まれた曲だとわかりました。何故外国の歌だと勘違いしたかというと音楽の教科書に載っていた「おお牧場は緑」(チェコ民謡)とか「森に行きましょう」(ポーランド民謡)などの緑にあふれた外国曲と一緒くたになったからだと思います。
ドラマ

「建築学概論」はラストの切なさが胸に染み入る韓国の大ヒット映画!再会した男女の初恋は成就するのか?そのネタバレあらすじ感想も!!

建築士のスンミンの処へやってきた大学時代の友人のソヨン。二人は若い時代に互いに好意を持ち合っていながら小さな誤解から別れてしまった関係でした。大学時代に将来家を建てて欲しいと言っていたソヨンに約束通りに家を建てるスンミン。けれど婚約者のいるスンミンはソヨンと別れるしかないのでした・・。
ドラマ

韓国ドラマ「七日の王妃」で残虐さを募らせる兄王ユンにヨクのした報復とは?そして二人の間で苦悩するチェギョンはどうなる??その第14話から17話のネタバレあらすじ、感想も!!

王ユンに先王の密旨を渡し田舎に行く手はずを整えたヨクとチェギョンですが、ソノがタニシの頭として処刑されたことで再び都に戻りヨクはユンと対決します。ユンに陥れられたヨクは足斬りの罰を受けますが、ユンの暴政に耐えられなくなった反乱分子が集結してユンを廃位させようと都に向かうのでした。
スポンサーリンク
ドラマ

【整形美って罪なもの??】韓国ドラマ「私のIDは江南美人」で❝美について❞考察してみた!そのネタバレあらすじ、感想も!!

「整形って何だろう」と素朴に考えさせられるドラマです。顔が醜いと子供時代にいじめられたミレが大学入学を機に整形を決意。美人になって大学生活をエンジョイしようとしますが、整形がばれてまた悩み深い人間に戻ってしまいます。そんなミレに訪れた恋を通してミレの成長を描いています。
映画記事

村上春樹原作の映画「ノルウェイの森」で著者の❝喪失感❞について考える。そのネタバレあらすじ感想も!

ワタナベにはキズキと直子という友達がいましたが、キズキが自殺してしまいます。ワタナベは恋人キズキを失って精神を病んだ直子を支えようとしますが、キズキを深く愛していた直子はキズキを追って死んでしまうのでした。二人を失って喪失感に苦しむワタナベですが、緑という恋人を得て人生を新しくやり直そうとします。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡について調べてみた】愛でて歌い継がれる「お月さま」の曲を3つピックアップ!

童謡「つき」は❝出た出た月が~❞で始まりますが、民謡の炭坑節も似た始まり方をしています。そんな炭坑節の詳細と、三つ目の月の曲「朧月夜」についても書いています。
ドラマ

韓国ドラマ「七日の王妃」で王命で結婚したチェギョンとヨク。でもヨクを信じきれないチェギョンは・・?加えてドラマ(第11話~13話)のネタバレあらすじ、感想も♡♡♡

愛するヨクと結婚して幸せを感じるチェギョンですが、ヨクには秘密がありいつも忙しそうでした。王ユンはチェギョンがヨクといることで激しい嫉妬を感じます。ユンはチェギョンに間者になることを命じヨクが謀反を起こそうとしている証拠を掴めといいますが、ヨクと田舎で静かに暮らす事を望むチェギョンなのでした。
映画記事

映画「ストーリー・オブ・マイライフ/私の若草物語」はテンポのいい展開に引き込まれる秀作!加えてネタバレあらすじ、感想も!!

4姉妹の次女のジョーを主人公にして、女性の社会的地位の低かった時代に小説家になろうとしたジョーの生き方を他の姉妹の生き方と絡めながらみずみずしい展開で観ている側を引き込む魅力にあふれた映画です。
映画記事

映画「星の子」は信仰と日常との間で揺れる少女の心の軌跡を描いた物語・・そのネタバレあらすじ、感想も!

ちひろは赤ん坊の時にひどい湿疹が治らず、困った親がある宗教団体のお水で治して以来、親はその宗教に耽るようになりました。ちひろは大人になるにつれ親のそんな姿が普通と違っていることに気づきます。愛情深い親の考えを否定したくないちひろですが、これからの人生を親と歩むのかそれとも別れるのか悩むのでした。
ドラマ

韓国ドラマ「七日の王妃」で王子ヨクを守るために命をかけるチェギョンの運命はどうなる?加えて第8話から第10話までのネタバレあらすじ、感想も♡♡♡

捕らえられてしまったチェギョンは王子ヨクをおびき出すために城門の上に括り付けられてしまいます。毒矢で死にそうになりながらもチェギョンはヨクが来ないように祈り続けるのでした。ヨクはチェギョンを救うために兄王ユンに矢文を放ちます。ユンに救われたチェギョンですがそれはユンにとって悪夢の始まりで、チェギョンとヨクにとっても苦難の始まりでした。
スポンサーリンク