2022-02

スポンサーリンク
ドラマ

【知っているようで知らなかった童謡について調べてみた】雨のなかで遊ぶ熊の子供を歌った童謡「あめふりくまのこ」が作られたのはいつ??

童謡「あめふりくまのこ」で作詞者の鶴見正夫がこの曲の歌詞をつくったきっかけが自分の息子があめふりに水たまりを見ていたことだったということや、作曲者の湯山昭の経歴なども書いています。そしてこの童謡を聴いて思い出した自分の体験も綴っています。
映画記事

怖がりが観たら後悔しそうな「事故物件 恐い間取り」は怖いもの観たさでやっぱり観ちゃう映画??

この映画は「事故物件住みます芸人」として事故物件に住んでいる松原タニシさんの実体験をもとにして作られているのでリアル感があって怖かったです。映画的な盛り上がりはそんなになかったのですが、主演の亀梨クンの表情もなんとなく暗くて無気味でした。やっぱりノンフィクションの力は大きいなあと感じた映画でした。
ドラマ

ムスタファ皇子の残酷な処刑は事実だったのか?「オスマン帝国外伝」(シーズン4)を観てその闇歴史について考えてみた!

ムスタファ皇子の処刑は歴史的な事実だったのかについて調べてみました。父親スレイマン皇帝は何故そんな恐ろしい決断をしたのか、そのわけやムスタファの残された息子メフメトの愛らしさ、ムスタファの死後の影響について詳述しました。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】山寺の和尚さんはなぜ猫を蹴るの?

「山寺の和尚さん」は今だったら動物愛護団体に怒られてしまいそうな歌詞ですが、江戸時代に流行った「ぽんにゃん節」からきているんだそうです。江戸時代は飢饉などもあり庶民には厳しい時代でしたから猫をいじめて笑いを取る歌があっても時代的にしかたないかもしれません。
スポンサーリンク