スポンサーリンク
ドラマ

ドラマ「オスマン帝国外伝」で注目されたヒュッレム妃役の女優は何故消えたのか?そして新しいヒュッレム妃を演じるのはいったい誰??

第3シーズンまでヒュッレム妃役だったメルイェム・ウゼルリさんの突然の降板は妊娠が理由だったようです。母国ドイツで女の子を産んだウゼルリさんはシングルマザーとして再出発しましたが、「オスマン帝国外伝」での活躍のおかげでその後の仕事には恵まれたようです。そして新しいヒュッレム妃役にはドラマ「Mother」で主人公の母親を演じたヴァーヒデ・ペルチンさんが抜擢されました。
ドラマ

援助交際みたいな始まりだった韓流ドラマ「トッケビ」はやはり名作だった!そのネタバレあらすじ、感想も。

永遠の時を生きるトッケビが一人の女子高生と出会って自らの生き方を変えていく純愛の物語。トッケビの花嫁として定められたウンタクはトッケビの胸に刺さった剣を抜かなければいけない、でも剣を抜くとトッケビは消えてしまうという悲しい結末の愛なのですが、それでも恋人たちは運命に抗っていこうと頑張ります。いろんな顛末がありましたが最後のハッピーエンドが感動的です。もう一つの❝死神❞さんの恋にも注目です!
ドラマ

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】”おてもやん”っていったいどんな人?

調べてみると〝おてもやん″はもともとは熊本の民謡ではなく、花柳界の座敷歌が評判となって熊本の民謡として定着したんだそうです。よく聞くと歌詞も男性に対して手厳しく、自由奔放なものでした。良く知らずに聞いていた〝おてもやん″の詳しい事情を知って納得しました。
スポンサーリンク
ドラマ

この愛の深さに人は涙する!映画「ある天文学者の恋文」は死後も恋人を愛し続ける“至高の恋”の物語

恋人エドが死んでからも変わらず届くメッセージに驚くエイミー。実はエドはエイミーの行動パターンを推理して絶妙のタイミングでメッセージを知人に託して送っていたのでした。エドの死に絶望していたエイミーでしたがエドの自分に対する愛に報いるためにもこれからの人生を強く生きようと思うのでした。
ドラマ

BS日テレ「オスマン帝国外伝」(シーズン3)で“約束を守って欲しい・・”という皇女ミフリマーフの悲痛な訴えにヒュッレム妃は母親としてどう動くのか?

最初の恋人タシュルジャルとの関係がヒュッレム妃の介入で壊れてしまったミフリマーフ皇女。子供時代から大好きだったマルコチョールと結婚しようと彼に想いを伝えても野心の無いマルコチョールはつれない返事。なんとかマルコチョールと結婚したいと考えるミフリマーフは母親のヒュッレム妃に昔した約束を持ち出して頼みますが結局はかなえられません。皇女といっても望みが叶う訳でなく絶望するミフリマーフなのでした・・。
ドラマ

NHK日曜夜11時放送「アンという名の少女」で主人公アンは髪の色の悩みをどうやって克服したのか??

アンは自分のそばかすだらけの顔や赤毛を醜いと感じて、誰からも愛されないのでは・・と自信を無くしてしまいます。行商人から髪染めを手に入れたアンは早速髪を染めますがなんと青色に!どうすればいいのか途方に暮れるアンの髪をマリラが短く切ってくれましたが、まるで男の子のようだと学校でからかわれます。髪のことで落ち込むアンですがマリラは嫌がるアンに町に使いに行くよう命じます。開き直ったアンは男の子みたいなら男の子になればいい、と男子の格好で町に出て遊びにも参加して楽しみました。そこからアンは元の快活さを取り戻しクリスマスも愉快に過ごすのでした。
ドラマ

なぜ韓国ドラマは夫婦げんかも癒す中高年女性にとってすばらしいオアシスなのかについて考える

韓国ドラマ「彼女の私生活」のドラマデータ、そのあらすじ、そして中高年女性が何故韓国ドラマにはまるのかをドラマの感想を交えて書いています。
ドラマ

NHKで2021年9月から始まった「アンという名の少女」(シーズン2)ではアンの住むアヴォンリーの村にある事件が勃発!

シーズン2(1~3話)ではマリラとマシューが借金を減らすために家に下宿人を置くことにしました。けれどその下宿人たちが悪人でネイトという男はアヴォンリーの土地から金が出ると嘘をついて村民からお金を巻き上げようとします。彼らの悪事に気づいたアンは騙されないように親友のダイアナの父親を説得しますが受け入れてもらえません。結局大金をネイトに取られて逃げられてしまうのでした・・。
ドラマ

英国ドラマ「リヴィエラ~隠された真実~」は次々に起こる怪事件で目が離せない!観ているうちに怖くなってくるソシオパス的な主人公にも注目!!

ジョージナはドラマのシーズン3で医者からソシオパスだと言われます。ソシオパスとは社会との共感性がなく常に怒りを抱えている人・・ジョージナも怒りにかられると抑えられずに人を殺めてしまいます。けれど事件の真実を暴こうとする熱い情熱も持っていて、結局殺した人間よりも救った人間の方が多い。う~~んジョージナは善人なのか悪人なのか??
映画記事

実話を基にした映画「永遠に僕のもの」で”人は何故残酷な美少年を愛するのか?”について考える

映画「永遠に僕のもの」はカルリートスという美少年の主人公が残酷な犯罪を行う物語ですが、彼の心情を抒情的に描いて血なまぐささの感じさせない作りになっています。それにしても何故人はかくも美しいものに囚われるのか・・そんな疑問をこの映画から感じたので記事してみました。
スポンサーリンク