BSテレ東平日午前に放送中の中国ドラマ「宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋」に登場する清朝の王子さまってどんな姿?加えて第一週のネタバレあらすじ、感想も!

300年前の清朝の十三皇子が現代娘小薇の部屋に現れた!はじめは驚く小薇ですが段々に惹かれ合っていく二人。でも結局十三皇子は300年前の清朝で夢を見ているときに現れる幻でしかなく、触れ合う事も出来ないことに小薇は苛立ちます。小薇が別れを告げたことで現れなくなった皇子ですが、そうなればなったで寂しさを募らせる小薇なのでした・・。

英ドラマ「刑事モース~オックスフォード事件簿~」のロケ地オックスフォードってどんなところ?加えてシーズン2のネタバレあらすじ、感想も!!

オックスフォードは有名なオックスフォード大学とそのカレッジ(学生寮)のある大学都市です。そしてドラマでモースが活躍するカウリー署界隈は自動車産業がその当時盛んで街は賑わっていました。大学都市と自動車都市という対照的な街がオックスフォードの中にあったんですね。加えてシーズン2のあらすじと感想も書いています。

英ドラマ「刑事モース~オックスフォード事件簿~」(シーズン1)は主人公モースの女難気味のキャラが母性本能をくすぐる??加えてシーズン1のネタバレあらすじ、感想も!

英ドラマ「刑事モース」(シーズン1)は5つのエピソードがあり、どのドラマも犯人が意外な人物となっていてそれがこのドラマの犯人像の特徴となっているようです。筋立てに色々な伏線があって複雑でよく練られたドラマなので、それが長年人気を保っている理由だと思います。また主人公のキャラクターもちょっと頼りないけど可愛くて魅力があります。

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】「早春賦(そうしゅんふ)」の歌詞の「春は名のみの」とは?また他の童謡もピックアップ!

童謡「早春賦(そうしゅんふ)」の「春は名のみの」とは立春を過ぎての暦の上での春のことで、春にはなったけれどまだまだ寒いことを意味しています。そして他の早春の歌や関係のある童謡などについても書いてみました。

フジテレビ木曜ドラマ「知ってるワイフ」、「窮鼠はチーズの夢を見る」で“ホントごめん”を連発する大倉忠義(クン)の優柔不断ぶりが結構ハマる??

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」では大学時代の後輩のゲイの今が瀬に強引に迫られ困惑しながらも結局はほだされてしまう先輩を、フジテレビ木曜ドラマ「知ってるワイフ」では妻の澪と険悪な関係だった元春がタイムスリップして別の女性と結婚して人生をやり直そうとするものの、職場の同僚となった澪に慌てふためきながらも惹かれていき、新しい妻との間で迷う姿を大倉クンがはまって演じています。

人間は生き、そして死んでいく・・フジテレビ月9ドラマ「監察医 朝顔」の人生を通してその事実が痛感される

「監察医 朝顔」は一話完結の話でありながら朝顔の家族の物語も平行して進んでいくドラマです。東日本大震災で母親の里子を失った朝顔たち家族は見つからなかった里子の遺体を探しながらも、残った者同士がお互いを思いやって真剣に仕事と向き合い、自分の家族を大切にし周囲を気遣いながら明るく生きていきます。

BS日テレインドドラマ「ポロス~古代英雄伝~」はダイナミックな物語で面白い!それでも気になってスルー出来ない5つのポイントを解説!!

今回のあらすじはダスユからスメルの救出に実の母親であるアヌスヤ王妃を連れてパウラヴァ国に戻ったプルがペルシャとパウラヴァの親善試合に参加してパウラヴァに勝利をもたらすものの、スメルの開放の代わりにアヌスヤを監禁され助け出せずに苦悩する様子が描かれています。加えてこのドラマで気になったポイントを何点か挙げています。

樹木希林の遺作になった「命短し恋せよ乙女」は繊細な主人公と摩訶不思議なものたちとの交わりを描いた映画。加えてネタバレあらすじ、感想も!

酒ばかり飲んで仕事も家族も失って孤独になったカールは自分を襲ってくる不吉な黒い影におびえていました。そんなカールのところにある日父ルディの知り合いだった日本人の女の子ユウが訪ねてきます。父の墓参りをしたいと言うユウと実家に戻ったカールはそれから奇妙な体験をし、人生を大きく変えていくのでした・・。

久しぶりに一年観たNHK大河ドラマ「麒麟が来る」は長谷川博己(さん)が演じたニュータイプの明智光秀が新鮮だった!加えて2021年冬のイチオシドラマもご紹介!!

NHK大河ドラマ「麒麟が来る」では最終回の“本能寺の変”で光秀を演じる長谷川博己さんと信長を演じる染谷将太さんの演技に感動しました。また秀吉に討たれた光秀が逃げ延びたというラストも意外性がありました。そして今年冬の人気ドラマ「天国と地獄」では高橋一生さんの顔の変化に驚きました。