BS日テレ放送の韓国ドラマ「九尾狐伝~不滅の愛~」は600年に渡る愛をユーモアを交えて描いた切ないラブストーリー。加えてドラマのネタバレあらすじ、感想も!

ドラマ

こんにちは。カナエです(‘◇’)ゞ・

2022年の12月中旬からBS日テレで年をまたいで放送されていた「九尾狐伝~不滅の愛~」も終わってしまいました。初恋の女性を600年も待ち続けたイ.ヨンの恋が実って良かった!でもヨンの弟のランが最後に死んでしまったのはそれまで兄に迷惑ばかりかけてきた弟であるとはいえ可哀想だったなあ、と思いました。

それでは以下でドラマのキャストやあらすじ(ネタバレ)、感想などを詳細したいと思います。

何度引き裂かれてもヨンとジアの恋は成就するまで終わらない

ドラマデータ

放送年   2020年 韓国

脚本    ハン・ウリ

演出    カン・シンヒョ、チョ・ ナムヒョン

キャスト  イ・ドンウク、チョ・ボア、キム・ボム、イ・テリ他

製作    STUDIO DRAGON 

ドラマのあらすじ(ネタバレ)

600年前白頭大幹の山の神だった九尾狐のイ・ヨン(イ・ドンウク)は山を捨てて人間の女性アウム(チョ・ボア)との恋に生きようとしましたが、アウムが邪悪な蛟竜に乗り移られて人々を惨殺し始めたことで泣く泣く戦う羽目になります。蛟竜に体を乗っ取られながらも時々入れ替わってヨンに自分を殺すように頼むアウム。なんとかアウムを救おうとするヨンですが、かなわずにアウムを殺してしまいます。ヨンは三途の川を渡るアウムに❝狐玉❞を渡し再びアウムが生まれ変わるのを何百年も待ち続けることになるのでした。

<画像出典>https://hominis.media/category/overseas/post7030/

現代まで生き続けるヨンは「来生出入国管理事務所」という名になったかつての「三途の川」の主である奪衣婆のもとで、世の中を乱す妖怪たちを退治する仕事を請け負いながらアウムとの再会を夢見ていました。奪衣婆は閻魔大王の妹でありながら近代化した世情に通じていて、毎日エクセルで死者の数を表計算するデスクワークに勤しんでいます。そしてヨンも山の神だった頃とは違って現代のファッションに身を包みスマホで映画を観ながらミントチョコアイスを食べるのを日課にしていました。

そんな都会の❝イケメン❞として暮らすヨンはある日アウムに瓜二つのジアと出会いジアがアウムの生まれ変わりだと知るのでした。今度こそジアを幸せにすると心に誓うヨンですが、再び蛟竜が現れてジアに憑りつきます。同じ運命を繰り返さない、と奮闘するヨンですが、山の神の地位を捨てたヨンを憎む弟のランに邪魔されたり蛟竜の策略に翻弄されたりして思い通りにはいきません。最後にジアを救うべく蛟竜と運命をともにして三途の川に飛び込んだヨン・・。これでジアとの絆も切れてしまったと思われましたが、本当は兄を愛していたランが自分の命を犠牲にすることでヨンを復活させ、二人の長かった試練の恋はついに結実したのでした。

ドラマの主要キャストの紹介

<イ・ドンウク>

<画像出典>https://hominis.media/category/overseas/post7030/

1981年11月6日韓国ソウル市生まれ。中部大学校言論放送芸術学部卒業。            「道の外にも世界はある」でドラマデビュー後、「トッケビ」(2016~2017年)「「真心が届く」(2019年)「Bad and Crazy」(2021年)など多数の作品に出演。身長184㎝、血液型B型。

<チョ・ボア>

<画像出典>https://mirtomo.com/gumihodyeon/

1991年8月22日韓国大田広域市生まれ。学歴は成均館大学校演技芸術学科(卒業したかは不明)。主な出演作に「馬医」(2012年)「別れが去った~マイ・プレシャス・ワン~」(2018年)「フォレスト」(2020年)など。165㎝、血液型A型。

<キム・ボム>

<画像出典>https://mirtomo.com/gumihodyeon/

1989年7月7日ソウル特別市生まれ。                             「イブの反乱」(2006年)でドラマデビュー後、「花より男子~Boys Over Flowers~」(2009年)「恋愛マニュアル~まだ結婚したい女」(2010年)「ゴースト・ドクター」(2022年)などに出演。身長181㎝、血液型B型。

<イ・テリ>

<画像出典>https://my-favoritestory-annex.com/2021/12/20/

1993年6月28日韓国京畿道生まれ。2018年に芸名のイ・ミノをイ・テリに改名。          5歳の頃から子役として芸能活動を開始。主な出演作に「屋根裏部屋のプリンス」(2012年)「偶然見つけたハル」(2019年)「女神降臨」(2021年)など。身長181㎝、血液型A型。

ちなみにテリさんが演じた❝蛟竜❞とはどんなものかというと・・

【蛟竜】中国古代の想像上の動物で、水中を住処としているが時がくれば雨や雲に乗り、天に昇って竜になるという竜の幼生だそうです。また時運に恵まれず実力を発揮できない英雄や豪傑のたとえにもされています。<←コトバンクより>

ドラマの感想

https://ameblo.jp/reviewby21978686/entry-12711226194.html

イ・ドンウクさんのビジュアルが美しいと評判になったドラマらしいですが、他の出演俳優さんのキャスティングも見事でした。イ・ヨンは狐には見えなかったけど(どちらかと言うと山神様?)、ランやシンジュは動物っぽい匂いのする狐顔でハマっていましたね。あと青汁おばさんの妖怪とか三途の川の主の奪衣婆のマダム風の装いなどユニークで楽しいものがいっぱい。こういうドラマを観るとキャラクターの魅力でドラマは動くよなあ、とつくづく思います。

今年シーズン2が放送されるらしいけど、早く日本で観られるといいなあ💛。

コメント