BS11放送の「山河令」第五週(第21話から第23話)の疑問をチェック!加えてネタバレあらすじ、感想も!!

ドラマ

こんにちは。カナエです。

今回も「山河令」第五週(第21話から第23話)について詳細します。

鬼であることに苦しむ温客行と顧湘・・その行き先は?

<画像出典>https://ameblo.jp/hyu-ganozomu2/entry-12695802233.html

◆ドラマ「山河令」はBS11/毎週月~金曜日 /午後3時29分~4時30分に放送中◆

「山河令」キャスト・これまでの物語

キャストの紹介

第1話から3話

第4話と5話

第6話から8話

第9話と10話

第11話から13話

第14話と15話

第16話から18話

19話と20話

「山河令」第五週(第21から23話)の感想

<第21話> 夢幻泡影

周子舒(ジョウ・ズーシュー)に素直な態度がとれない温客行(ウェン・コーシン)。夜になって火を囲むと周子舒は戻ってきた葉白衣(イエ・バイイー)成嶺(チョンリン)に子供時代の話をしました。

師匠の秦懐章(チン・ホワイジャン)は用事で旅をしなければならなかった  甄如玉(ジェン・ルーユー)は深い傷を負っていたから甄一家を置いてでかけたのだが、戻ってくると村が焼かれてしまっていた  師匠はそれ以来甄一家を助けられなかったことをずっと悔いていた・・・

何故温殿は自分が甄衍(ジェン・イエン)だと認めないのでしょう?

成嶺は不思議がります。

甄如玉は神医谷の谷主の養子だった  温は如玉の前の姓なのだ  如玉は武林の陰謀で谷主に破門されている

葉白衣が言いました。

おそらく温客行の両親は殺されてしまったのだろう  親の教育を受けてはいないように見える

温客行は三人の会話を木の陰から聞いていました。それでも木の間から出て素知らぬ風を装って三人の傍に座ります。

温客行、 弟子の過去の過ちを師匠として大変申し訳なく思う  何か望むことがあればかなえてやろう これはお前の権利だ

葉白衣に言われた温客行は周子舒を見ました。

私の願いは阿絮の傷が治り、いき長らえることだ  もちろん武術は残して

よくわかった

葉白衣は笑顔で言いました。

私に無理で治せるものを知っている  四季山荘で戻るのを待て

そう言って葉白衣は去っていきました。


趙敬(ジャオ・ジン)の命で鬼たちを集めた蠍王。彼らに仙霞派を潰すよう言いつけます。

鬼たちが請け負って出ていくと配下の毒菩薩に指示しました。

100年の歴史のある仙霞派が鬼谷に滅ぼされたという噂を広めろ 皆他人事ではいられまい

<画像出典>https://www.lala.tv/programs/woh/episodelist.html

しかし別室で無常鬼以外の鬼たちは趙敬と決別するべきだと主張します。

やつは鬼谷と武林を敵対させてどちらも破滅させる気だ

急色鬼が言いました。

今更何を言う 温客行に背いたのだ 趙敬の庇護でしか生きられないぞ

無常鬼が語気を強めます。


趙敬の処へ于丘烽(ユー・チウフォン)がやってきます。

さすがに五湖盟の盟主としての貫禄がつきましたね

久しぶりだな 茶でも飲め

頂きます、と言って于丘烽は茶を飲みます。

ところで喜喪鬼の羅浮夢(ルオ・フーモン)が兄上(←于丘烽は義理の弟?)の許嫁だったという不届きな噂がたっていますよ  そんなことを言うやつは許しがたいですね?

そう言って趙敬の顔色を窺う于丘烽。

まさか喜喪鬼を匿っているのはこいつか?

趙敬は疑いを持ちます。

蠍王は于丘烽など殺してしまいましょうと言いますが、趙敬は鬼谷に任せようと考えます。もう一人の養子である謝無恙(シエ・ウーヤン)を呼び出すと、鬼たちは仙霞派討伐に行っていて残っているのは急色鬼だけだと言います。

では急色鬼にやらせろ

命ずる趙敬。


于丘烽の屋敷を襲う急色鬼。于丘烽は逃げ出し、羅浮夢を庇って千巧(チンチャオ)が果敢に戦いますが台に押さえつけられてしまいます。

俺よりも于丘烽といたいのか

千巧の胸元を露出させる急色鬼。

そこへ蠍王と毒菩薩が入って来ます。この女は?と訊ねる蠍王。

十大悪鬼の一人、艶鬼ですよ

蠍王はふらふらと歩いている羅浮夢に目をやります。

敬さま・・何処に行ったの?置いていかないで

敬さま?

義父の名を呼ぶ羅浮夢に注目している蠍王を急色鬼が笑いました。

お若いのにいかれた女にそそられましたか?

蠍王は手裏剣で急色鬼の喉をつきます。急色鬼は千巧の寝ている台の下で息絶えました。

どうか羅様を助けて 何でもします 意識も記憶も曖昧でもう廃人同様です

蠍王に懇願する千巧。そこへ于丘烽が戻って来ました。

逃げ出して悪かった 

開けた千巧の胸元を直してやります。

おや 浮気男が帰ってきた

于丘烽を嘲笑う毒菩薩が于丘烽の肩に足を乗せて言います。

どういうことだ

訊ねる蠍王に毒菩薩が説明します。

昔この二人は恋人関係だった それが嫉妬深いこの男の妻に知れてこの女は裸にされて市中をひきまわされる辱めを受けた  それでこの女は鬼になったというわけ

二人を嘲笑する毒菩薩。

喜喪鬼と艶鬼を誰にも知られぬように毒蠍の分舵へつれて行け

蠍王は言いました。そしてぶつぶつと羅浮夢が口走っていた言葉を繰り返します。

きみ我を裏切らねば我きみを裏切らず・・・


四季山荘へ向かう周子舒たち三人が茶屋で休んでいると、怪我人を運ぶ集団が通り過ぎていきました。

仙霞派が鬼谷に潰されたんですよ 全く恐ろしい・・

茶屋の主が言います。

荒らされた仙霞派の状況を見に行く周子舒たち。成嶺はむごいありさまの死体を見て吐いてしまいます。

即死か喉をかき切られた死体ばかりだ 殺し屋がやったことで鬼谷の仕業ではないな 邪魔仙霞派を潰して鬼谷に罪を着せようとしている・・

そう推測する周子舒に音客行も同意します。

それで利を得るものだな 英雄大会までは高崇(ガオ・チョン)が黒幕だと思っていたが、どうやら五湖盟には他の策謀家がいたようだ

清風剣派に急ぐ曹蔚寧(ツァオ・ウェイニン)顧湘(グー・シアン)も仙霞派の遺体に遭遇していました。

ひどいことを・・助けることもできなかった

鬼谷がこんなことをするとは思えない!

憤慨する顧湘は前方に立つ人影を見て狂喜しました。

旦那様!!

<第22話> 連環計 

曹蔚寧と一緒の顧湘と再会した温客行たちは客桟に入りました。温客行は顧湘が蔚寧といるのが気に入らず不機嫌です。

周子舒は蔚寧の顔色が良くないことに気づきます。顧湘が小怜を守ろうと戦った際に毒を貰ったと言いました。温客行が脈を診た後で二人は蔚寧の薬を買いに店を出ました。

するとちょうど沈慎(シェン・シェン)が馬を引いてやってきました。沈慎は二人を見て危ない!と叫びます。温客行か後ろから襲ってきた男を倒しました。

<画像出典>https://www.dramasnote.com/sangarei-cast/

客桟にいる三人も毒蠍の襲撃を受けていました。流雲九宮歩で対処する成嶺。なんとか逃げ切って周子舒らと合流します。

成嶺、蔚寧もどうして・・・?

温客行らに二人が同行しているのに驚く沈慎。

話せば長いので・・

一行は人気のない空き家でとりあえず休憩することにします。久しぶりに成嶺と話す沈慎は「岳陽派ではつれなくして悪かった」と謝りました。

それにしても温殿は甄如玉に似ている 甄家の人間では?

沈慎の言葉に慌てる成嶺。

周子舒が来て沈慎にいくつか質問しました。

高崇は本当に鬼谷と繋がっていたのか、鄧寛の言ったことは事実なのか等。

とんでもない!

高崇は瑠璃甲をほしがっていなかった そうでなければもっと早く集めようとしたはずだ

沈慎は全面否定しました。

周子舒は鄧寛には人を操る術が使われたのかもと考えます。


沈慎は温客行が甄衍かどうか確かめようとしました。しかし温客行に訊ねると頭を抱えて血を吐いてしまいます。そして昏睡状態に陥ってしまうのでした。

周子舒は五湖盟の何者かが高崇を陥れたのでは、と沈慎に言います。そしてそれは盟主の地位についたものが疑わしいと告げました。

趙敬がそんな・・

釈然としないまま沈慎は去っていきました。


蠍王は趙敬に報告していました。

良い知らせと悪い知らせがあるのですが・・

張成嶺が見つかったが手練れと一緒で取り逃がしたことと、龍淵閣の親子が死んだことを伝えました。

そんなことか

趙敬は関心がなさそうです。

邪魔者がいなくなって龍雀など必要ではなくなった あの息子も死んでさっぱりした

でも龍雀が死んで武庫の鍵は?

心配げな蠍王に趙敬は笑います。

あれはこの20年、最も危険で安全な場所にあるのだ

・・鬼谷ですね

納得する蠍王。

そうだ、瑠璃甲を鬼谷が奪ったと欺いて武林と衝突させようとしているのはそのせいだ

ははは

趙敬は愉快そうに笑います。

何故高崇をお恨みに?

趙敬はきつい目で蠍王をみました。

同じ義兄弟でもあるものは高みに上りつめ、あるものはさげすまれる

長兄だからといって小間使のように義兄弟を扱って良いものか?

五湖盟は私の手中にあってこそ輝きを放てるのだ

<第23話> 黄泉の路

昏睡状態で悪夢を見る温客行。子供時代の夢を見る客行は鬼谷の前谷主から頬を鞭で打たれていました。

この暗黒の地では他人を殺さねば生き残れない 私はお前を見込んで調教している

そう谷主は言うのでした。

お前は痛みを享受する 次の首領になれるかどうかはお前の努力次第だ


温客行は目を開けました。周子舒が傍にいて手を握っていました。

<画像出典>https://www.lala.tv/programs/woh/episodelist.html

沈慎はどこだ? あいつは両親を見捨てた 

殺してやる!

起き上がろうとする温客行を止める周子舒。

憎むべきは趙敬だ 他の義兄弟は苦しんでいた 

お前の手を汚して欲しくない

温客行はふんと嘲笑います。

そうだな 殺せば命で償ったと安心させてしまう

周子舒に「阿絮、喉が渇いた、水をくれ」と甘える温客行。

体が回復したら趙敬を成敗しに行こう

そう慰める周子舒に白湯を飲みながら温客行は言います。

いや、お前の傷を治してからだ 仁徳を標榜する五湖盟も非情な無頼漢が盟主の地位についてしまった  奴らの相討ちを眺める方が殺すよりも痛快だな


千巧たちのいる牢にやってきた蠍王。千巧に孟婆湯について訊ねます。 

孟婆湯は執着を断ち切るだけで精神は壊さない、と千巧は言います。そして羅浮夢はかつて患った離魂病が再発したのだろう、と推測するのでした。

執着を断ち切る・・・

蠍王は興味を示します。

解毒剤はないのか?

自分は飲んでいないからわからない、と千巧は答えます。

自害しようとしたところを羅様に救われ青崖山に行きました 于丘烽に討たれて死ぬつもりでした

何故そこまで?

蠍王は呆れます。

古より男は薄情、女は薄命

そう呟く千巧を蠍王は笑いました。

人は生まれつき薄情だ 男も女もない 誰もが裏切り裏切られる

蠍王は自分の愛する義父、趙敬のことを想っているようです。そして付け加えました。

孟婆湯の処方箋を探し出せ さすれば解放する


温客行は顧湘に昏睡に陥ったわけを話していました。

孟婆湯のせいだ 両親の死を絶対忘れまい、復讐を果たすと誓ったが薬の性で副作用が起きる 頭痛や吐血が起こるのだ

いつか頭痛で正気を失うかも・・と呟きます。

だがそれまでに仇敵たちを皆殺しにしてやる

そして顧湘に命じました。

お前は曹蔚寧と清風剣派に行くんだ

旦那様、私を捨てるんですか?私も復讐に協力します!

温客行は慌てる顧湘をなだめます。

私が進むのは黄泉の路だ お前は曹蔚寧が好きなんだろう?清風剣派で平穏に暮らすんだ

でも、私は鬼なんですよ!それが知れたら曹兄さんだって私を殺すかもしれません 人と鬼の道は交わらないって言うでしょう

お前を殺したら私があいつを殺してやる

・・・でも騙しているのは私なんです

顧湘は涙を流します。

とにかく曹蔚寧を欺いて清風剣派で暮らすんだ 二度と鬼谷に関わるな

温客行は告げます。


顧湘を託すために曹蔚寧を呼び出した温客行。

幼い阿湘を拾って何度も捨てようとしたが、それでもずっとあいつはついてきた 

温客行は曹蔚寧に語りました。

命を救った私に恩義を感じて次女として使えると言ってくれたのだが、実のところ救われていたのは私の方だと最近感じている

温客行は曹蔚寧に向き合い続けます。

私が育てたようなものだから大袈裟に言えば娘のような存在だ 私を慈しんでくれた阿湘が平穏に暮らす事を望んでいる 蔚寧、お前に頼めるか?

もちろんです!

破顔一笑で答える蔚寧。

天に誓って私は生涯阿湘を裏切りません

天に誓った以上、裏切ったら私が殺すぞ

念を押す温客行。

その時は喉を掻き切りお詫びします

わかった

温客行は「明日顧湘と清風剣派に出立しろ」と言いました。


趙敬は蝎王に「群鬼冊」を作り武林に配るよう命じます。「群鬼冊」とは鬼たちを似顔絵付きで紹介した冊子で、鬼たちは顔を知られて江湖を歩けなくなります。

それでは鬼衆を使い走りに使えなくなりますよ

気落ちして言う蠍王。

あやつらはもう用済みだ 鬼谷に帰ればいい 

高崇が鬼谷と繋がっていたことがいまだ真偽もわからず五湖盟に悪影響を及ぼしていると趙敬は言います。

鬼衆に我々を中傷させ機を見て悪鬼に証言させよう 

鬼谷は五湖盟を陥れたと 五湖盟を分裂させるため罪を着せたと

趙敬は可笑しそうに笑いました。

高崇が潔白でも死んでしまったことで武林はうしろめたさを感じるはず そこで各門派を率いて鬼谷を滅ぼせば私の威光は増し武林全体の盟主となれる

なんと聡明な 

趙敬の考えに感心する蠍王。

しかし趙敬には一つ心配事がありました。

急色鬼から連絡もない 羅浮夢はどこに行ったのだ・・?

ここでチェック!趙敬と于丘烽の関係は?

第21話で趙敬のもとを訪れた于丘烽が趙敬のことを‟義”のつかない「兄上」と呼んでいたのが気になってしまいました。調べても関係がはっきりわかりませんが、趙敬は名家の令嬢だった羅浮夢を振って裕福な奥さんを貰ったということなので、その奥さんの弟、と考えるのが自然じゃないかと思います。

このドラマ、義のつく兄弟(他人同士)がやたら多くて血縁のある兄弟が殆どで出来ません。そんな中で于丘烽が「兄上」と呼んでいたのが新鮮で。でも趙敬が殺しても平気そうだから本当の兄弟ではないと思いますが・・まあ非情な趙敬だから邪魔なら弟でも殺しちゃうかもしれませんけどねえ😮。

「山河令」第五週(第21話から第23話)の感想

温客行の哀しい過去が明らかになった五週でした。鬼であることが温客行にとっても顧湘にとってもどうにもならない枷になっているのが辛いですね。でも周子舒はとても賢いからもしかしたら気づいているのかも。顧湘に「その場所にいつ?」なんて聞いているし。

<画像出典>lala.tv/programs/woh/

「群鬼冊」が出されたら温客行の正体もわかっちゃうのが気掛かりです。

そして趙敬を慕う蠍王も敵ながら哀れですね・・。

コメント