第3シーズンを迎えたBS日テレのインドドラマ「ポロス~古代インド英雄伝~」でついにダレイオス王が倒される?

こんにちは。カナエです(⌒∇⌒)。

1月から始まったBS日テレのインドドラマ「ポロス~古代インド英雄伝~」第3シーズンに入りましたね。マケドニアのアレキサンドロス王の遠征も始まって広大なアケメネス朝ペルシアに到達せんとする勢いですが、これまでインドばかりに目を向けていたダレイオス王は後ろから来る強大な敵に対処しきれるのでしょうか?

ついにダレイオス王の正念場がやってきたと言えますね!!

そこで今回はこれまでの影の主役ともいえるダレイオス王について詳細したいと思います。

ダレイオス王はマケドニア王アレキサンドロスに勝てるのか?

Porus Thearical promo

ドラマデータ

【これまでの概要】

紀元前350年、交易の盛んなインドは“黄金の鳥”と呼ばれていました。広大な国土を持つアケメネス朝ペルシアの王、ダレイオスは様々な手段を講じてインドを征服しようとしますがインドの皇子プルに阻まれます。そのペルシアもマケドニアの最強王、アレクサンドロスに侵略され、その強大な権力は失われようとしていました・・。

【キャスト】

ラクシュ・ラールワーニー(プル)、アディティヤ・レディジ(バムニ王)、ラティ・パーンデー(アヌスヤ王妃)、ローヒト・プローヒト(アレクドロス王)、プラニート・バット(ペルシア王)

アケメネス朝ペルシアの王・ダレイオス3世ってどんな人?

このドラマではダレイオス王がずっとインドに滞在していたかのように描いていたけど、カナエはそのことがとっても疑問でした。

だってあのペルシアの王がその国をずっと離れて別の国にいられるでしょうか?ちなみにアケメネス朝ペルシアってあの時代とんでもなく大きな国だったんです。

<画像出典>https://www.y-history.net/appendix/wh0101-103.html

その領土はヨーロッパでは、アケドニアまで及んでるしインドにまでも達してるからダレイオスがインドを手に入れたいと思うのは当然と言えば当然のこと。

でも彼も人間だからインドにばかり集中してマケドニア方向が手薄になっちゃったのね。でもこれだけの国の王なんだから偉い人なのになんかこのドラマではあまりそんな感じじゃないです(インド製作のドラマだから仕方ないですけど)。

この「ポロス~古代インド英雄伝~」ではドラマの始まりでダレイオス王が出てきたのでカナエはてっきりこの人が主役なのか?と思っちゃいましたが、シーズン3になるまでずっと出ずっぱりな役でしたね。ダレイオス王を演じたプラニート・バットという役者さん、熱演してましたね~半沢直樹みたいな顔芸がなかなかでした!長くダレイオス王をやってたから気持ちもだいぶ乗っていたでしょうね。

悪役だけどカナエは結構気に入ってましたよ、バットさんを😊。

しかしドラマでは商人として登場したダレイオス王ですが、実際の歴史ではどんな人物だったんでしょうか?ここで少し触れたいと思います。

アケメネス朝ペルシアの最後の王ダレイオス

ダレイオス王(3世)は即位前の名前はアルタシャタといい、ペルシアの王族である父アルサメスと母シシュガンビスの子として紀元前380年ごろ誕生しました(紀元前330年に没)。

ペルシアの王族といっても王位継承からは外れた傍流の家系だったのでアルタシャタは王位とは無縁な存在に思われました。

しかし宰相バゴアスによって国王アルタクセルクセス4世と息子たちが殺害されるとペルシア王家に直系の跡継ぎがいなくなり、宰相バゴアスはアルタシャタをダレイオス3世として王位に担ぎだしました。宰相バゴアスの狙いはダレイオスを傀儡の王にして自分が国を牛耳ることだったのですが、ダレイオスが思い通りになるような人物ではないとわかると彼も殺害してしまおうと計ります。しかしそれに気づいたダレイオスによって逆に殺されてしまうのでした。

紀元前336年、ギリシャではコリント同盟が結ばれて大国ペルシアとの戦いに向けてギリシャ全体が一丸なろうという気運が高まりました。そしてマケドニア王ピリッポス2世が亡くなると息子のアレクサンドロス3世が王となってペルシアに侵攻します。

ダレイオス3世はギリシャで唯一コリント同盟に参加しなかったスパルタと手を結んでギリシャで内紛を起こさせますが失敗し、アナトリア半島がギリシャ軍に占領されてしまいまいました。

紀元前333年にはイソッソスで戦いが起こり、ダレイオス3世はギリシャ軍の背後を大軍を率いて攻めますが大敗してしまいます。ダレイオスは逃走しましたが戦いに同行していた妻や娘などの家族はアレクサンドロスの捕虜になりました。

紀元前331年にメソポタミア川近くのガウガメラで再びギリシャ軍と戦いますがまたも敗戦、逃げ出したダレイオスはペルシアの将軍ベッソスたちによって殺されてしまいます。

ダレイオス3世の死によってアケメネス朝ペルシアは滅亡しました。

<参考資料 https://rekishi.sseikatsu.net/darius3/>

ドラマ「ポロス」に出てくるダレイオス王の娘のバルシネはおいおいアレクサンドロスの捕虜になってしまうんですね(そこまでドラマで描かれるのかはわかりませんが)。

結局調べてもダレイオス王がインドにいたという記述は見つからず・・まあ遠い昔のことだからドラマではファンタジックに面白い物語にしたんだろうかなあ・・😶。

―それにしても

💖ラチを見るプルのドヤ顔が気になる!

<画像出典>https://ameblo.jp/gabero/entry-12651366548.htm

ラチとのラブシーンの時のプルが♡フニャッというか💛モハッという表情で観ていてこっちが赤面してしまうのですよ。

(インド人ってテレという感情がないんですかね・・それとも日本人が内気すぎるんでしょうか。)

オババのカナエはなんかいい加減にせーよっていう感じになってしまうのよね😅。まあ幸せはいいんですけどね・・。