韓国ドラマ「二番目の夫」第4週で苦境のソナを助け始めるジェミン!加えて第15・16話のネタバレあらすじ、感想も!!

スポンサーリンク
ドラマ

こんにちは。カナエです。

今回も韓国ドラマ「二番めの夫」第4週(第15・16話)について書きたいと思います。

祖母の事故を調べるソナにジェギョンとサンヒョクは苛立つ・・

<画像出典>https://kdm-a.com/secondhusband

韓国ドラマ「二番目の夫」はBS11で平日午後2時29分から3時30分まで放送中

◆このドラマのキャスト/これまでの物語

キャスト

<第1~4話>  <第5・6話> 

<第7~9話>  <第10・11話>  

<第12~14話>

◆ドラマ「二番目の夫」(第15・16話)のあらすじ(ネタバレ)

第15話

息子のセビョクを連れていったマルジャを追ってソナ(オム・ヒョンギョン)サンヒョク(ハン・ギウン)の家にやってきます。マルジャはセビョクをあやしながら友人のキョンイと雑談していました。

この間会長令嬢のうちの嫁が来た時はソナの祖母まで来て大騒ぎだった

マルジャがキョンイに話しているのをソナは聞いてしまいました。ソナはマルジャたちに近づいて言います。

つまりユン・ジェギョン(オ・スンア)と祖母が話をしたんですね

二人はソナを見て驚きます。

お義母さん、来ました

そこへジェギョンもやってきてソナと鉢合わせします。

嫁が二人・・!  マルジャ、私は失礼するわね

修羅場が来るのを予想したキョンイは慌てて帰って行きました。

ユン・ジェギョン、祖母に会ったの?  一体祖母に何を言ったのよ

ソナはジェギョンを問い詰めます。

答えなさい!!

怒鳴らないでよ   お義母さん、彼はこんな女とつき合ってたんですか?

まあほんとにねえ  よくつきあったわよ

マルジャは調子を合わせます。

はぐらかさないで!  祖母はあんたを追って倒れた   いったい祖母に何をしたの?

嫁に何を言い出すの?  さっさと帰りなさい!

マルジャは止めますがソナはひるみません。

あなた方二人が祖母にショックを与えたのね    覚えておくわ

ソナは二人を睨みながら言いました。

ユン・ジェギョン、あんたの悪事は必ず暴く    祖母が何故亡くなったか絶対明らかにして見せる

覚悟して

ソナはセビョクを抱いて出ていきました。

家に戻ったソナはペク・ソジャンの写真に祖母が写っているのに気づきます

おばあちゃん!

祖母の姿を見てソナは涙を流しました。

おばあちゃんの無念は私が晴らしてみせる

***

サンヒョクとお酒を飲むジェギョン。

あなたの家族の悪口を言って悪かったわ   ごめんなさい

別れると言ったくせに

別れると言ったら同意するの    ひきとめないの?

ジェギョンはサンヒョクに甘えます。

ただでさえ子どもを失って辛いのに

寂しいわ

ジェギョンはサンヒョクに寄り添いました。

あなたは私の味方よね

サンヒョクはワインを飲み干すと言いました。

目撃者が誰か知りたいのでは?

ジェギョンの目が輝きます。

調べたの?

未来の妻を助けないわけにはいかない    証拠も隠滅したから大丈夫だ

本当?

ジェギョンは喜びます。

携帯を奪って処分した   ユン・ジェミンの件は?

兄は秘密を漏らさないから問題はないわ

ジェギョンは言いました。

***

サンヒョクは自分の部屋でソジャンの携帯に残された祖母の映像を見ていました。そこにはジェギョンにつきとばされて頭を打つソナの祖母がしっかりと映っていました。

ユン・ジェギョン、これは俺の保険にする   気分次第で別れられてはこちらが困るからな

サンヒョクの瞳が暗く光ります。

***

連絡の途絶えたペク・ソジャンの居所を人に聞いて回るソナですが、知る人は見つかりせん。

諦めずに探し続けるソナですが、停車していた車のドライブレコーダーを見て祖母の事故が映っているかもしれないと閃きました。車に持ち主の電話番号が記されていたのでソナは電話してみます。けれど電話は繋がりませんでした。

***

ヘランがジェギョンのオフィスに来て、つわりがひどいなら漢方薬を作ろうと言いジェギョンを漢方医の所へ連れていきました。

お母さん、漢方薬は入りませんよ

つわりのあるふりをしていただけのジェギョンは困惑します。漢方医に脈をとられたら子どもの脈がなくて妊娠していないことがわかってしまうのです。

しかし何も知らないヘランはジェギョンを 診て貰おうと医師の部屋にジェギョンと入っていきます。

娘のつわりがひどいんです  抑える薬を

ヘランは漢方医に言いました。

それでは脈を診てみましょう

医師の指示で手を差し出すよう言われるジェギョン。

ああどうしよう・・

脈を診た医師は怪訝そうな表情になりました。

反対の手も診せて

追い詰められたジェギョンはこっそりマルジャに電話します。

もしもし?

あら! 電話だわ

ジェギョンは電話のかかってきたふりをしました

お義母さんが漢方薬をくれるそうなので・・

ジェギョンは漢方医に薬を作って貰うのを断って、なんとかその場を乗り切ります。

***

目撃者もわからないし、ドライブレコーダーの持ち主とも連絡がつきません

ソナは気落ちして韓屋ベーカリーで話しました。

そのカメラに映っている保証はないわよ

ボクスンが慰めます。

俺も手伝おうか?

ソジュンが言いますが、ソナは笑って断ります。

店が忙しいじゃない

二人の前でソナはもう一度ドライブレコーダーの持ち主に電話してみます。すると電話が繋がりました。

黒のSUVをお持ちの方ですよね   事故があったので、映像を見せて貰えませんか?

持ち主が訊ねました。

ドライブレコーダーですか?

はい、9月3日の分です

レコーダーはいつもオンにしているから見せてもいいですが、出張中なので家に帰るのは週末です

それではお待ちします   ありがとうございます!

ソナは喜びました。

ドライブレコーダーにおばあちゃんの映像があれば詳しいことがわかるわ

吉報を祝って焼き肉にするか

ソジュンが言い出します。

俺が肉を買ってくるよ

部屋にきたジェミン(チャ・スウォン)が言いました。

あら、肉はあるからいいわ

ボクスンが支度をしようと抱いていたセビョクをソナに渡します。

いいえ、今日は早く帰らないと

するとそれを聞いたジェミンがセビョクをソナから預かりました。

腕を鍛えよう!  店の前で待ってる

ジェミンはセビョクを抱えて出ていきました。

***

ジェミンはベビーカーを押してソナをトッポッキの店へ連れていきました。

すみません  三人分下さい

ヒモ男、私とトッポッキを食べるの?

ソナはきょとんとします。

一人じゃ人目が気になる    つき合えよ

ジェミンは以前ボクスンがソナの好物がトッポッキだと話しているのを聞いていたのです。祖母が死んで苦労しているソナを慰めたいジェミンなのでした。

食べたらお前のデパートの損害金”を減らしてやる

え? 食べれば減らしてくれるの??  じゃあ5人分食べてやるわ

5人分はいくら何でも・・

ソナは5人分注文するとトッポッキを頬張ります。

美味しい!

(実はジェミンは辛いものが苦手でした。水を飲みながら仕方なく喉に押し込みます。)

土曜日にドライブレコーダーの持ち主と会うのか   持ち主の歳は何歳くらいに聞こえた?

50代くらいのおじさんかな

ソナは言います。

それなら奥さんがスペアキーを持ってるかも

確かに!  珍しくいいこと言うわね

ソナは感心してしてジェミンに笑います。

奥さんと連絡がつくといいな

ジェミンは目を細めました。

***

ヘランはジェギョンに漢方薬を飲ませます。

あなたが帰ってから調合してもらったのよ   そしたら脈に異常があるって院長が言ってたわ

なんだ? それは

ユンが驚いて聞きます。

子供の脈が取れないって

まさか  この子は大人しいだけですよ

ジェギョンは笑って誤魔化します。

体が軽くなった   元気が出ました

ジェギョンは薬を全部飲んで言います。

***

ソナが祖母の事故を探っているのが気になるジェギョンはソナの様子を見に行きます。黒い車をながめているソナを壁越しに覗いて呟くジェギョン。

ポン・ソナ   狙いはなんなの?   まさかあの車のドライブレコーダーを??

ソナは車の持ち主に電話して持ち主の妻がスペアキーを持っているかを訊ねました。

あるんですね!

妻の電話番号を聞きだしたソナは連絡しようとしますが、イベント会社から電話がかかってきました。

チーム長?

ソナさん、今時間あるかしら

ソナの元上司がイベントの仕事を臨時で依頼してきたのでした。

わかりました   行きます

車の持ち主の妻に電話しても出ないのでソナは諦めて仕事に向かいました、

ソナが去るとジェギョンは黒い車に近づき、イヤリングで車に傷をつけました。そして車に貼られた電話番号から妻に連絡しました。(ジェギョンはソナの電話を聞いていて妻の電話番号がわかったのです。)

***

ソナが急遽依頼されたのは居酒屋のオープンイベントでした。ひよこの被り物をしたソナはカンプンギの歌うイベントに加わりました。

お久しぶり

ソナはカンプンギ(ジェミン)に挨拶します。

***

まったくもう・・

ジェギョンから連絡を受けた車の持ち主の妻は傷を見て怒りました。

すみません   弁償します

ジェギョンは小切手を妻に渡しました。妻はその金額を見て驚きます。

ショックなことがあって・・流産したんです   精神的に参ってしまって

呆れた  もういいわ

姿が映っていたら恥ずかしいので映像を頂きたいのですが

ジェギョンは妻から映像を手に入れました。

しかしジェギョンがオフィスに戻りパソコンで見てみると祖母は映っていませんでした。

<画像出典>https://www.bs11.jp/drama/nibanmenootto/

なによ!  バカらしい!!

怒ったジェギョンは自分の車のドライブレコーダーの映像のメモリも蓋付きのコップに入れてゴミ箱に捨ててしまいました。

第16話

ひよこのソナとコンビを組んで歌を歌うジェミン。するといたずらっ子たちがひよこの頭を取ってしまいます。慌てて落ちた頭を拾って被るソナ。

ひよこさんはポン・ソナだったのか

ジェミンは驚きます。

けれどソナはイベントが終わるとすぐに帰って行きました。

***

ソナは黒い車の持ち主の妻と話しますが、妻は映像はないと言い張り相手にしません。妻は家の扉を閉めてシャットアウトしましたが、ソナは扉を叩きます。

ソナを見張りにきたジェギョンとサンヒョクは車からその様子を見ていました。

あんまりしつこいから私に渡したと話すかも

ジェギョンは心配します。

俺が様子を見に行く

サンヒョクは壁に隠れてソナの様子を覗きます。ソナは車の持ち主の妻との交渉を諦め戻ろうとしますが、宅配便の車が来たので配達人に車載カメラを見せてくれるよう頼みました。

今いそがしいんです

宅配便の男は建物の中に荷物を運んで行きます。

待って下さい

ソナは追いかけていきました。サンヒョクはその間に車に乗り込んで車載カメラの映像を初期化してしまいます。配達人が車に戻り、頼み込むソナに映像を見せようとしてもデータは全て消えていました。

データが消えてる?

ソナは訳がわかりません。

***

ソナが会社を辞めさせられたと聞いたジェミンはイベント会社に出掛けます。

まあカンプンギさん、なんの用ですか?

仕事の件でご相談があって   ひよこさんととても息が合うんですが

ひよこさん?

ああ、ポン・ソナさんのことです   彼女と組みたいので復職させてくれませんか

それは・・会社側の事情があって無理です

ソナの上司は言いました、

そうですか・・

仕方なく会社を出るジェミンですが諦めきれずに戻ります。すると上司のチーム長と部下の話を聞いてしまいました。

ユン・ジェギョンのせいで解雇したと言っては?

そんなこと、言えないわ

二人はジェミンが戻ったのに気づきます。

無理やり辞めさせたんですか

依頼人が怒って当然のことをしたので・・

依頼人はユン・ジェギョンさん?

そうです・・  でも何故戻ったんですか

あ、僕がイベントに出るときはポンさんに仕事の依頼を    お願いします

わかりました

上司は笑います。

感謝します

ジェミンは頭を下げました。

***

ソナはスーパーの車の車載カメラも気になっていました。ソナは店長に車載カメラを見れないか訊ねます。

おばあさんが事故で亡くなったから、それが映ってないか確認したいわけね

店長は言います。

配達人は休みで明日来ますよ

そうですか

ソナは店長にペク・ソジャンの写真を見せました。

この人を見たことは?

時々店にきますよ

誰かわかりますか?

店長は首を振ります。

ソナの挙動を見張っていたサンヒョクは会社に戻るとジェギョンに報告します。

全くポン・ソナはどこまでしつこいの?  祖母そっくりね

仕事があるから見張りは明日までだ

スチョルに頼むからいいわ

おい、この秘密は墓場まで持っていくべきものだぞ

サンヒョクは怒ります。

じゃあどうするの?  私が逮捕されてもあなたはいいの??

サンヒョクは言葉に詰まります。

そうはさせないよ

その時ジェミンがジェギョンのオフィスに入って来ました。サンヒョクは義兄を見て出ていきます。

話がある

固い顔でジェミンは妹に言いました。

***

お前はポン・ソナの職まで奪わないと気がすまないのか?   身勝手過ぎるぞ

ジェミンは言いました。

兄さんは何も知らないのよ 傷ついたのは彼女じゃなくて私なのよ

ジェギョンは反発します。

お前を傷つけたのはムン・サンヒョクだろ? 既婚者と知った時に別れるべきだったんだ

彼女は大事なプロポーズイベントを台無しにしたのよ

俺が彼女を足止めしたせいだ

それでも許せないわ

妹の言葉をジェミンは訝ります。

許すとかいう問題か?  警告しておく    他人を傷つけたら俺がただじゃおかない

ジェミンは妹に言い放ちました。

***

ジェミンはスチョルにソナの祖母の第一発見者を調べるよう頼みます。

第一発見者?

お前の得意分野だろ

それも仕事のうちです

スチョルは言います。

ソナさんを誤解していたから助けたいんだ

ジェミンはスチョルに言いました。

***

スーパーの配達人からソナは車載カメラのメモリを貰いました。

<画像出典>https://www.bs11.jp/drama/nibanmenootto/

これにあの日の映像が?

確認してください

ありがとうございます

ソナを監視していたサンヒョクは焦ってソナに電話します。

なによ

セビョクの件で会いたい

サンヒョは言いました。

***

カフェでソナと会うサンヒョク。

話って何よ   手短にして

そんな目で見ないでくれ   別れることになったけどきみを憎んでいない   今でも初めて会った時の感情が残ってる

サンヒョクの言葉に呆れたソナは席を立とうとします。するとサンヒョクはソナの鞄を奪いました。

ごめん    気を悪くさせて

鞄を返して

座ってくれよ

ソナは渋々座ります。

用件だけ言って  セビョクが何?

母が引き取りたがってるのを止めたんだ

そう言いながらサンヒョクはテーブルの下でソナの鞄のなかのメモリを探します

引き取るなんて冗談じゃない!  また連れていったら承知しないわよ     どうして今更セビョクに執着するの?   そっちの子をしっかり育てなさいよ

サンヒョクは事前にマルジャにソナに電話するように言ってあり、メールで頼みました。

わかったわよ

マルジャはソナに電話しました。

お母さん、セビョクを連れていく気なんて正気ですか?

ソナはマルジャと話し出します。

その間にサンヒョクはソナの鞄のメモリを探しました。

どこにもない・・

セビョクは絶対に渡しません!!

ソナは電話を切ると立ち上がりました。

鞄を返して!!

ちょっと待て

サンヒョクはお金をソナのバッグに入れました。

養育費だ

入らないわよ!!

ソナがバッグを奪うと中身が散ってしまいました。

まったくもう!

ソナは中身を拾いサンヒョクを睨むと店から出ていきました。

何故だ?  どこにもない・・

***

ソナは家に戻るとズボンのポケットからメモリを取り出しました。パソコンで映像を見ると倒れている祖母が映っていました。

おばあちゃん!

映像を何回も見たソナは走り去る青い車に気づきます。

あの車・・おばあちゃんを無視して通り過ぎた?

***

ソナはメモリをスーパーの配達人に返しました。

映像を見ました   ありがとうございます

それからソナはぺク・ソジャンの写真を配達人に見せて訊ねました。

彼を知ってますか?

知ってます   自分の車だと見栄を張ってるな

青い車と一緒に撮ったソジャンの写真を見て配達人は言いました。

***

ソジャンの住所を教えてもらったソナはアパートに行き、ソジャンの部屋のチャイムを押しました。

どちら様?

祖母の孫のポン・ソナです

ソジャンは顔色を変えドアを閉めようとします。

話はありません

待ってください!  祖母が亡くなった経緯を知りたいんです

しかしソジャンはドアを閉めてしまいました。いくらドアを叩いても応じません。ソナは仕方なく自分の電話番号を書いた紙をドアに貼って帰りました。

***

イベント会社のチーム長からソナに連絡が来ます。

日当が100万ウォンですか?  もちろん伺います

ソナはライブカフェのイベントに向かいました。そのイベントは実はジェミンがスチョルに指示して準備させたものでした。

カンプンギになったジェミンはソナに挨拶します。

僕のパートナーでお願いします

カンプンギが歌う舞台でソナも歌に合わせて踊りました。けれどイベントにやってきたサンミが舞台で踊るソナを見てしまいます。

ソナさん?

イベントの最後に景品の抽選会が開かれました。

券を引いてないでしょ

カンプンギ(ジェミン)はソナに抽選券を渡します。

あなたの分なのに

ハズレかもしれないからいいですよ   お疲れさま

そういってカンプンギは帰って行きました。

その券は大当たりでソナはマッサージ機と冷蔵庫を貰います。そしてもちろんそれはジェミンの仕掛けたことでした。

***

家に帰るとジェミンはスチョルに言いました。

ご苦労様   上手く仕組んでくれたな    ソナさんの家に景品を運ばせたか?

ここまでする必要が?

ジェギョンに夫を奪われ俺のせいで会社をクビになったんだ    罪滅ぼしさ

ジェギョンが知ったら?

ただじゃおかないだろうな   秘密だぞ

ジェミンはスチョルに念押ししました。

***

サンミはソナがライブカフェで踊っていたことをサンヒョクに話しました。

お金を稼ぐためでしょ     可哀想だわ

サンヒョクはサンミの言葉に項垂れます。

次の日サンヒョクはソナの家に行きました。

何の用?

セビョクは大きくなったな

会わせないと言ったでしょ   出てって

サンヒョクはお金の入った封筒をソナに差し出します。

必要だろ   受けとれ

ソナは札束をサンヒョクに投げつけました。

あなたの罪がこの程度で許されるとでも?

それなら仕事を選べ!  ライブカフェなんかで踊るな   母親だろ?

勘違いしないでよ   後ろ暗いお金じゃないわ   私はあなたの妻じゃない           勝手に入って来ないで!!

ソナは叫びますがサンヒョクはお金をそのままにして出ていきました。

ムン・サンヒョク!!

◆ドラマ「二番目の夫」(第15・16話)の感想

ソナへの誤解が解け、ソナを助けようとするジェミンの優しさが際立った第3週でした。血のつながった兄妹なのにジェミンとジェギョンは性格が全く違いますね。サンヒョクも事件のもみ消しばかりに気を取られて祖母への申し訳ない気持ちが感じられず、ひどい男だと思いました。そう言う意味でジェギョンとサンヒョクはお似合いと言えるかも。

それにしても韓国ドラマで気になるのは、何故兄弟姉妹を似た名前にするのかな、ってことです。ジェミンとジェギョン、サンヒョクとサンミ・・紛らわしいんだよなあ。絆を考えて親はつけるのかな😶。

コメント