未分類一覧

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】「歌を忘れたカナリヤ」で何故カナリヤは捨てられる?

調べてみると、この童謡の歌詞は作詞した西条八十が自分の境遇をカナリヤになぞらえたものだとわかりました。カナリヤが本来の居場所を見つければ鳴くようになるだろうとは自分も自分の望む仕事をやっていきたいという、そんな願いがこの童謡に込められていたのです。他にカナリヤという鳥のこと、鳥に関する思い出などを記しています。

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】「早春賦(そうしゅんふ)」の歌詞の「春は名のみの」とは?また他の童謡もピックアップ!

童謡「早春賦(そうしゅんふ)」の「春は名のみの」とは立春を過ぎての暦の上での春のことで、春にはなったけれどまだまだ寒いことを意味しています。そして他の早春の歌や関係のある童謡などについても書いてみました。