未分類

スポンサーリンク
未分類

【知っているようで知らなかった民謡について調べてみた】調子のいい曲「お江戸日本橋」の歌詞の七つ立ちってなんのこと??

「お江戸日本橋」はどんな曲だったのか?歌詞の七つ立とはなんだったのか?実はこの曲は日本橋から東海道を歩いて京都まで旅する歌だったのがわかりました。そしてこの曲がどんなふうに誕生したのか、また当時の人たちがどんなふうに旅をしたのかについても書いています。
未分類

【年だから仕方ないね、そんな考えでは危険だった】長年悩んだ嚥下障害の原因とは?

4,5年前から食べ物が喉に詰まるようになって悩んでいました。年だから仕方ない、と思っていましたが命にもかかわることなので原因を調べていたら、自分の長年のひどい肩こりが影響してるのでは、と気がつきました。これからは喉の運動に加えて肩のストレッチにも励もうと思っています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】山寺の和尚さんはなぜ猫を蹴るの?

「山寺の和尚さん」は今だったら動物愛護団体に怒られてしまいそうな歌詞ですが、江戸時代に流行った「ぽんにゃん節」からきているんだそうです。江戸時代は飢饉などもあり庶民には厳しい時代でしたから猫をいじめて笑いを取る歌があっても時代的にしかたないかもしれません。
スポンサーリンク
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】「てまり歌」って興味深いけど怖いもの?

てまり歌「あんたがたどこさ・・」の歌の成り立ちや、その解釈、そして他のてまり歌についても記しています。「あんたがたどこさ・・」は兵隊さんと近所の子供の問答から生まれたと言う驚きの事実に驚かされました。そして毬についての童謡「毬と殿さま」についても書いています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】“汽車ポッポ”って同じ題名の歌があるの?

総じて汽車の歌はリズミカルで元気の出る曲ばかり。蒸気を吹きながら走る機関車はその時代の人々に勇ましくて頼りになるものに映ったのでしょうね。童謡「汽車ポッポ」と唱歌「汽車」について詳しく書いています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】「歌を忘れたカナリヤ」で何故カナリヤは捨てられる?

調べてみると、この童謡の歌詞は作詞した西条八十が自分の境遇をカナリヤになぞらえたものだとわかりました。カナリヤが本来の居場所を見つければ鳴くようになるだろうとは自分も自分の望む仕事をやっていきたいという、そんな願いがこの童謡に込められていたのです。他にカナリヤという鳥のこと、鳥に関する思い出などを記しています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】「早春賦(そうしゅんふ)」の歌詞の「春は名のみの」とは?また他の童謡もピックアップ!

童謡「早春賦(そうしゅんふ)」の「春は名のみの」とは立春を過ぎての暦の上での春のことで、春にはなったけれどまだまだ寒いことを意味しています。そして他の早春の歌や関係のある童謡などについても書いてみました。
未分類

童謡「人形」の歌を聴くと怖くなるのは何故?歌の作られた時代や作者は??

童謡「人形」は女の子が人形を愛でる気持ちを歌った歌ですが、その歌詞を題名にしたホラー漫画を読んでから怖い印象があるんですよ。
未分類

荒れた寒い冬は唱歌「冬景色」や童謡「メジロが来る山」などを聴いて心をリフレッシュ!

こんにちは、カナエです✋ 昨日からこちらは嵐のような暗い天候。こういう凍てつく冬の日は穏やかな冬の歌でも聴いて気ばらしをしましょうか。昔の歌は美しいメロディと歌詞が心に染みますよ! 文部省唱歌「冬景色」は三つの景色を綴った歌詞...
未分類

【日本の名曲「箱根八里」】その難解な歌詞を調査してみた!

こんにちは。カナエです(*^_^*) ここんとこ童謡について書いていますが、どうも昔の曲って湿っぽいものが多い。というわけで思いっきり元気な歌はないかなって思ったら、ありましたよ!! 明治の曲で「箱根八里」⛰⛰⛰・・まあ童謡で...
スポンサーリンク