未分類

未分類

今はもう見られない光景の「たきび」、その懐かしい童謡について調べてみた!

童謡「たきび」の歌詞、その作詞者の巽聖歌や、作曲者の渡辺茂について記しています。また寒い冬を暖めてくれる「たき火」のあった時代について自分の思い出も綴っています。
未分類

”昭和世代”には懐かしい曲「マイム・マイム」ってどこの国の曲?そこを調べてみた!

昭和世代は中学校のお昼休みにフォークダンスを踊った経験を持つ人が多いと思います。そんな人には懐かしい「マイムマイム」、「コロブチカ」、「ジェンカ」に ついて調べてみました。
未分類

【知っているようで知らなかった民謡について調べてみた】調子のいい曲「お江戸日本橋」の歌詞の七つ立ちってなんのこと??

「お江戸日本橋七つ立ち・・」で始まる歌の七つ立ちとはどんな意味なのか?昔の寅の刻、七つの時刻に出発したから七つ立ちと言った・・そんな民謡の説明をしています。  
ドラマ

【ちょっと興味深い話①】ヨガ仲間が実体験した幽体離脱ってどんなもの?

ヨガ仲間のMさんから聞いた実体験を本人の許可を得て書いています。Mさんの幽体離脱の様子やMさんのお父さんのお葬式に現れたオーブのこと、そしてMさんからの助言などを詳細しています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡について調べてみた】日本の豊かな四季を謳った童謡を季節ごとにピックアップしてみた!

こんにちは。カナエです。 前回冬を謳った童謡「ペチカ」について書いたので今回は春、夏、秋の情緒が沁みる童謡を選んでご紹介します。 童謡で亡き母との懐かしい会話を思い出す <春の童謡> 春は寒い冬を耐えて待ち焦がれた季節なのでたくさんの童謡が...
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】凍える夜を暖めてくれる唄「ペチカ」は誰が作ったの?

「ペチカ」とはどんなものなのか、その作詞、作曲は誰なのか、そして歌の印象はどんな風なのか、ということを主にまとめています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡について調べてみた】「牧場の朝」って日本の曲だったの??

童謡「牧場の朝」は調べてみると杉村楚人冠という人が福島県の岩瀬牧場の鐘を聞いて詩を作ったことで生まれた曲だとわかりました。何故外国の歌だと勘違いしたかというと音楽の教科書に載っていた「おお牧場は緑」(チェコ民謡)とか「森に行きましょう」(ポーランド民謡)などの緑にあふれた外国曲と一緒くたになったからだと思います。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡について調べてみた】愛でて歌い継がれる「お月さま」の曲を3つピックアップ!

童謡「つき」は❝出た出た月が~❞で始まりますが、民謡の炭坑節も似た始まり方をしています。そんな炭坑節の詳細と、三つ目の月の曲「朧月夜」についても書いています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡について調べてみた】雨のなかで遊ぶ熊の子供を歌った童謡「あめふりくまのこ」が作られたのはいつ??

童謡「あめふりくまのこ」で作詞者の鶴見正夫がこの曲の歌詞をつくったきっかけが自分の息子があめふりに水たまりを見ていたことだったということや、作曲者の湯山昭の経歴なども書いています。そしてこの童謡を聴いて思い出した自分の体験も綴っています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】山寺の和尚さんはなぜ猫を蹴るの?

「山寺の和尚さん」は今だったら動物愛護団体に怒られてしまいそうな歌詞ですが、江戸時代に流行った「ぽんにゃん節」からきているんだそうです。江戸時代は飢饉などもあり庶民には厳しい時代でしたから猫をいじめて笑いを取る歌があっても時代的にしかたないかもしれません。
Optimized by Optimole
Verified by MonsterInsights