未分類

スポンサーリンク
未分類

【知っているようで知らなかった童謡について調べてみた】「牧場の朝」って日本の曲だったの??

童謡「牧場の朝」は調べてみると杉村楚人冠という人が福島県の岩瀬牧場の鐘を聞いて詩を作ったことで生まれた曲だとわかりました。何故外国の歌だと勘違いしたかというと音楽の教科書に載っていた「おお牧場は緑」(チェコ民謡)とか「森に行きましょう」(ポーランド民謡)などの緑にあふれた外国曲と一緒くたになったからだと思います。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡について調べてみた】愛でて歌い継がれる「お月さま」の曲を3つピックアップ!

童謡「つき」は❝出た出た月が~❞で始まりますが、民謡の炭坑節も似た始まり方をしています。そんな炭坑節の詳細と、三つ目の月の曲「朧月夜」についても書いています。
未分類

【知っているようで知らなかった民謡について調べてみた】調子のいい曲「お江戸日本橋」の歌詞の七つ立ちってなんのこと??

「お江戸日本橋」はどんな曲だったのか?歌詞の七つ立とはなんだったのか?実はこの曲は日本橋から東海道を歩いて京都まで旅する歌だったのがわかりました。そしてこの曲がどんなふうに誕生したのか、また当時の人たちがどんなふうに旅をしたのかについても書いています。
スポンサーリンク
未分類

【年だから仕方ないね、そんな考えでは危険だった】長年悩んだ嚥下障害の原因とは?

4,5年前から食べ物が喉に詰まるようになって悩んでいました。年だから仕方ない、と思っていましたが命にもかかわることなので原因を調べていたら、自分の長年のひどい肩こりが影響してるのでは、と気がつきました。これからは喉の運動に加えて肩のストレッチにも励もうと思っています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡について調べてみた】雨のなかで遊ぶ熊の子供を歌った童謡「あめふりくまのこ」が作られたのはいつ??

童謡「あめふりくまのこ」で作詞者の鶴見正夫がこの曲の歌詞をつくったきっかけが自分の息子があめふりに水たまりを見ていたことだったということや、作曲者の湯山昭の経歴なども書いています。そしてこの童謡を聴いて思い出した自分の体験も綴っています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】山寺の和尚さんはなぜ猫を蹴るの?

「山寺の和尚さん」は今だったら動物愛護団体に怒られてしまいそうな歌詞ですが、江戸時代に流行った「ぽんにゃん節」からきているんだそうです。江戸時代は飢饉などもあり庶民には厳しい時代でしたから猫をいじめて笑いを取る歌があっても時代的にしかたないかもしれません。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】”おてもやん”っていったいどんな人?

調べてみると〝おてもやん″はもともとは熊本の民謡ではなく、花柳界の座敷歌が評判となって熊本の民謡として定着したんだそうです。よく聞くと歌詞も男性に対して手厳しく、自由奔放なものでした。良く知らずに聞いていた〝おてもやん″の詳しい事情を知って納得しました。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】「てまり歌」って興味深いけど怖いもの?

てまり歌「あんたがたどこさ・・」の歌の成り立ちや、その解釈、そして他のてまり歌についても記しています。「あんたがたどこさ・・」は兵隊さんと近所の子供の問答から生まれたと言う驚きの事実に驚かされました。そして毬についての童謡「毬と殿さま」についても書いています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】“汽車ポッポ”って同じ題名の歌があるの?

総じて汽車の歌はリズミカルで元気の出る曲ばかり。蒸気を吹きながら走る機関車はその時代の人々に勇ましくて頼りになるものに映ったのでしょうね。童謡「汽車ポッポ」と唱歌「汽車」について詳しく書いています。
未分類

【知っているようで知らなかった童謡の意味を調べてみた】「歌を忘れたカナリヤ」で何故カナリヤは捨てられる?

調べてみると、この童謡の歌詞は作詞した西条八十が自分の境遇をカナリヤになぞらえたものだとわかりました。カナリヤが本来の居場所を見つければ鳴くようになるだろうとは自分も自分の望む仕事をやっていきたいという、そんな願いがこの童謡に込められていたのです。他にカナリヤという鳥のこと、鳥に関する思い出などを記しています。
スポンサーリンク