BS日テレ「オスマン帝国外伝」(シーズン3)で“約束を守って欲しい・・”という皇女ミフリマーフの悲痛な訴えにヒュッレム妃は母親としてどう動くのか?

スポンサーリンク
ドラマ

こんにちは。カナエです(⌒∇⌒)。

<画像出典>https://osmanteikokugaiden.blogspot.com/2019/10/385_17.html

いや~モテ男マルコチョールを巡る恋のさや当てで忙しいトプカプ宮殿ですが、当のマルコチョールはミフリマーフにもエスマハンにも気がない様子。子供時代からマルコチョールが大好きだったミフリマーフとしては絶対にあきらめたくないマルコチョールなんですが皇女の恋の行方はどうなっていくのでしょうか?

すべては母親のヒュッレム妃の采配にかかっていますが、策謀家のヒュッレムは娘の結婚を権力闘争の道具として使わずにはいられなさそう・・でもヒュッレム似のミフリマーフに恨まれると先々大きなしっぺ返しが来るかもね~😲。

スポンサーリンク

自分の気持ちをはっきり伝えるようになったミフリマーフに周囲もびっくり

オスマン帝国外伝シーズン3 ドラマデータ

◆放送年 2012年~2013年 Star TV(トルコ)

◆脚本  ユルマズ・シャーヒン

◆監督  ヤウムル・タイラン、デゥルル・タイラン

◆製作  ティムズプロダクションズ

皇女と言っても自由に結婚出来ない

ヒュッレムは奴隷だったけれどスレイマンに寵愛されて命がけで皇帝を愛する妃になりました。ヒュッレムは5人もいる自分の子供を守らなければならないし後宮を支配したいという野心を持っているからスレイマンを愛しながらも彼を苦悩させている面もありますが、夫婦はおしなべて相思相愛で仲が良いです。それなのに マルコチョール自体が気がないとしても娘に幸福な結婚をさせないなんて母親としてどうなんでしょう?

マルコチョールとの婚姻はスレイマンが結婚しろと命じれば簡単に成り立つはずなのに、そうならないのはマルコチョールの人望が厚いせい?実際史実でミフリマーフの結婚相手がわかっているから結婚はありえないので仕方ないんだけどこれだけ焦がれているのに成就しないのではミフリマーフも可愛そうですね。

<画像出典>https://ameblo.jp/chatora-john2/entry-12675535323.html

以前母親のヒュッレム妃が亡くなった母皇の部屋を自分が使おうとしたときにハティジェ皇女たちに猛反発されてスレイマンも認めなかったんですが、ミフリマーフが父親に進言したことで使えることになりました。喜んだヒュッレムは少女だったミフリマーフに結婚するときは彼女の好きな相手とさせてあげると約束します。大人になったミフリマーフはその約束を持ち出してマルコチョールと結婚させてほしいとヒュッレム妃に頼みました。約束を反故にしたくないヒュッレムですがマルコチョールは気がない様子だし、シャー皇女との争いの中で自分の分が悪くなるとミフリマーフの結婚で苦境を脱却しようと試みて娘の信頼を失ってしまうのでした。

皇女であっても結局自由な結婚が出来ないミフリマーフ・・母親よりも不幸になってしまうなんて皮肉な話ですね。シャー皇女もそうだけど皇女の結婚は政略結婚となってしまうもの。それならばイブラヒムとハテジェ皇女の結婚は(最後は悲劇だけど)結婚できただけでも幸せなことだったと言えるけれど・・そのハティジェ皇女もスレイマン皇帝から新しい夫をつきつけられてさらに絶望が深まります。兄のスレイマンにすればハティジェの苦しみを何とか癒そうという苦肉の策なんだけど、もうどんな手段もハテジェの苦しみを救う事が出来ませんでした。ハテジェの最期はあまりにもドラマチックで悲しくどんなものよりも美しくて印象的なものでした・・。

<画像出典>https://fod.fujitv.co.jp/title/4s49/4s49110010/

ミフリマーフのライバルとなったエスマハンは皇子メフメトが好きでマルコチョールのことはどうでも良かったはず。ただ従姉妹どうしという近い距離でのちょっとした諍いでミフリマーフと張り合って、結局気性の激しいいミフリマーフに怪我をさせられるという損な立場になってしまいます(エスマハン役の女優さんは派手な美貌のミフリマーフとは対照的に可憐な面立ちの美人で可愛らしくってもう少し物語に絡んで欲しかったなあとちょっと残念に思いました)。

イケメン好きの ミフリマーフ

マルコチョールも精悍でカッコいいけれど最初の恋人タシュルジャルも甘い感じで素敵でしたね💛。

<画像出典>Instagram( serkanaltunorak )

マルコチョールの方に気が向いてしまったミフリマーフは再会したタシュルジャルにはとっても冷淡になってて相手にもせずでしたが、このタシュルジャル役を演じたのはセルカン・アルトノラックさん。シーズン4にもムスタファの付き人として出演している模様です。

イケメンと結婚したかったミフリマーフでしたが思い通りにはいかず子供には恵まれたものの結婚生活は冷めたものになりました。それでも母親同様に権力欲の強い彼女はスレイマンの後継者争いに身を投じていく事になります。高い身分に生まれた者の宿命なのかな。

ミフリマーフを演じたのはペリン・カラハンという女優さん

シーズン4ではヒュッレム妃亡き後母親に変わって活躍するようになるミフリマーフ。この役を演じたのは1984年生まれのペリン・カラハンという女優さんですが、ヒュッレム妃を演じたメルイェム・ウゼルリさんとは一歳しか歳が離れていなかったそうです。

<画像出典>https://www.pinterest.jp/charmyhanada/

でもドラマの中では母娘の雰囲気が見事に出ていましたよね!本人自身は当時結婚を経験していたらしいけれど若きミフリマーフの初々しさあふれる演技をしていてさすが役者さんだと思いました(>_<)。

コメント