映画記事

スポンサーリンク
映画記事

映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は自分という存在への不安と無力感を感じながらも懸命に生きる若者たちの物語

東京で看護士として働き人の死を身近に感じる美香は母の死や恋人に捨てられたことで人生に虚しさを感じていました。そんな美香はある日慎二という片目の悪い男性と出会います。人に冷淡な態度をとる美香は彼のまっすぐな心に触れて自分も素直に柔らかくなっていくなっていくのでした・・。
映画記事

1990年代の映画「恋する惑星」はいつ観ても新しいスタイリッシュな恋愛映画!

映画「恋する惑星」は何故か名前のない刑事や警察官が女性にふられて未練たらたらながら新しい恋に出会って再起していくハートウォーミングな物語。流れるようなカメラワークに最初から引き込まれてその映画世界に浸ってしまいます。
映画記事

これは衝撃作!「ボーダー 二つの世界」は異形の女性を主人公にした先の読めない映画

主人公のティーナは実は人間では無くてトロールだった!それまで何故自分はこんなに醜いのだろうと人間としての自信が持てなかったティーナがボーレと出会って本当の自分を知る姿が感動的でした。最初から最後まで特殊メイクでトロールになり切っていた女優さんに拍手!
スポンサーリンク
映画記事

映画「パラサイト 半地下の家族」は地下に住む住人の哀しみと恐怖を描いた人間というものの本質に迫るドラマ!

ソウルの半地下の住居に住む貧しいキム一家は裕福なパク家で全員が職を得て喜びます。それはパク家を騙して得た職だったので長くは続かず、パク家の広い邸宅の地下に隠れ住んでいた男によって悲惨な結果となるのでした。
映画記事

ピアノコンクールを舞台にした映画「蜜蜂と遠雷」は“音の申し子”のような若者たちの超絶技巧に魅了される!

4人の天才たちのピアノへの思いや葛藤、そして美しい旋律に感動する映画です。特に松岡茉優さんクライマックスでのピアノ協奏曲は見入ってしまいました。ピアノ好きな方には是非みて欲しい映画です。
映画記事

「ガーンジ島の読書会の秘密」は風光明媚な島でのラブストーリーが魅力的で終わりまで飽きない映画

邦題からサスペンスもの?と誤解されそうですが元々の題名は「ガーンジー島文学・ポテトピールパイ同好会」。作家の主人公が美しい島に行ってそこに住む人たちと触れ合うという物語で、島の一人の男性と恋に落ちるというロマンチックなお話です。でも終戦期の時代なので過去の戦争のむごさが話のメインになっています。
映画記事

これ違うんじゃない?映画「ドクター・スリープ」がスタンリー・キューブリックの名作ホラー「シャイニング」の続編と呼べない理由とは?加えてネタバレあらすじも!

この映画は謎の殺人集団との戦いを描いているので「シャイニング」の続編という事を期待して見た人は肩透かしをくうかもしれません。でも最後の場面はあの「シャイニング」と同じ舞台のオーバールックホテルなのでそこで気持ちを納得させられると思います♥
映画記事

家族が集合したファミリー映画だと思ったのに突然クライムサスペンスへと急転回!観る側がざわつく映画「誰もがそれを知っている」のネタバレあらすじ、感想も!

妹の結婚式のためにスペインの田舎の実家に戻ったラウラは、式後のパーティの最中に娘のイレーネを誘拐されてしまいます。そして莫大な身代金を要求されたラウラはなんとかイレーネを助けようと奔走するのでした・・。主演のペネロペ・クロスや周りの俳優陣の演技が見事!そして犯人が意外な人物だったのにも驚かされます。
映画記事

父親が娘にした約束は何だったのか??父と娘の絆を描いた「ガラスの城の約束」のネタバレあらすじ、加えて感想も!

定職につかない父親レックスと絵ばかり描いている母親ローズマリー。そんな気ままな両親のもとに生まれた4人の子供たちは極貧生活を送りながらも深い絆で結ばれた生活を送りました。実話の物語なので驚きです!
映画記事

今はいない人たちの暗躍を描いた不思議な映画「サンセット」の焦点はなんだったのか??そのネタバレあらすじ、感想も!

独特なカメラワークで謎めいた物語が進行する映画です。主人公のイリスが自分の兄を探してブダペストの街を夜昼なく歩き回る。そこでは銃撃戦が起きたり、人を殺してしまったりと恐怖感が募ります。人の見る悪夢を映画にしたようなそんなミステリアスな映画です。
スポンサーリンク