映画記事

スポンサーリンク
映画記事

優しいママ友だと思ったら真逆な変人?映画「ネイバー・イン・ザ・ウインドウ」でおかしな隣人に振り回される主人公は反撃できるのか??加えてネタバレあらすじ、感想も!

シアトルにやってきたカレンの家族はすぐにご近所と仲良くなり交流を始めますが、隣に住むリサの一家は友好的であるもののカレンに対するリサの行動にはおかしなものがありました。そしてリサがカレンに借金を頼んで断られてからはリサの態度は一変してカレンを攻撃するようになります。カレンはこの危機を乗り越えることができるのでしょうか?
映画記事

映画「説き伏せられて」は元恋人に想いを告げられない主人公を応援せずにいられなくなる映画!そのネタバレあらすじ、感想も!

準男爵エリオット家の次女アンは19歳の時結婚を約束した恋人と周囲の反対で別れてしまったことを悔やんでいました。その恋人だったウェントワース大佐と再会したアン。彼は自分をふったアンに冷淡でしたが、次第にやはりアンを愛していることに気づいて再度告白します。ウェントワースを愛しながらももう元には戻れないと諦めていたアンは、彼の告白に今度ははっきりと結婚する、と伝えるのでした。
映画記事

フジテレビ木曜ドラマ「知ってるワイフ」、「窮鼠はチーズの夢を見る」で“ホントごめん”を連発する大倉忠義(クン)の優柔不断ぶりが結構ハマる??

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」では大学時代の後輩のゲイの今が瀬に強引に迫られ困惑しながらも結局はほだされてしまう先輩を、フジテレビ木曜ドラマ「知ってるワイフ」では妻の澪と険悪な関係だった元春がタイムスリップして別の女性と結婚して人生をやり直そうとするものの、職場の同僚となった澪に慌てふためきながらも惹かれていき、新しい妻との間で迷う姿を大倉クンがはまって演じています。
スポンサーリンク
映画記事

映画「Red」で究極の愛を選んだ男女の運命は?加えてネタバレあらすじ、感想も!

裕福な専業主婦の塔子は自分が恵まれていると感じながらもどこかで物足りない気持ちを我慢していました。昔の恋人鞍田と再会し熱い抱擁を受けることで塔子はそれまでの自分と決別し先のない恋愛に身を委ねるのでした・・。
映画記事

樹木希林の遺作になった「命短し恋せよ乙女」は繊細な主人公と摩訶不思議なものたちとの交わりを描いた映画。加えてネタバレあらすじ、感想も!

酒ばかり飲んで仕事も家族も失って孤独になったカールは自分を襲ってくる不吉な黒い影におびえていました。そんなカールのところにある日父ルディの知り合いだった日本人の女の子ユウが訪ねてきます。父の墓参りをしたいと言うユウと実家に戻ったカールはそれから奇妙な体験をし、人生を大きく変えていくのでした・・。
映画記事

映画「ずっとお城で暮らしてる」で姉を慕う妹が邪魔ものにした残酷な仕打ちとは?そのネタバレあらすじ、感想も!!

丘の上の広いお屋敷で暮らすメリキャットと姉のコンスタンス、そしてジェームズ叔父はみなどこか奇妙。それは6年前彼らの家族が殺された事件からきていました。メリキャットは犯人だと疑われ、今でも白い目で見られている姉を守ろうと必死な妹。屋敷を訪問する人間は排除しようと躍起になります。ところがある日従兄のチャールズが屋敷に居ついてしまったのでメリキャットは彼を追い出そうと恐ろしいことをしでかすのでした・・。
映画記事

映画「シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢」を観て思ったこと・・不器用な人間だからこそ成し遂げられることもある

シャイで不器用な郵便配達人のシュヴァルは娘のアリスが生まれると娘のために理想の宮殿を作ろうと決意します。昼間は郵便を配達し、夜になって宮殿を作るというハードな毎日を33年送ったシュヴァル。宮殿は完成し奇跡の宮殿として人々に知られるようになりました。
映画記事

映画「ブルージャスミン」を観て思うこと・・上流社会からの転落は辛い。でも嘘ばかりつくナルシストに救いはない?

ニューヨークでセレブとして優雅に暮らしていたジャスミンでしたが、犯罪まがいの金融業を営んでいた夫ハルが警察に逮捕されて破産してしまいます。一文無しになったジャスミンは血のつながらない妹のジンジャーの処に身を寄せますがそれまでの生活の違いにストレスが募ります。それでも生きていかなければと奮闘するジャスミンは国務省に努める紳士的な男性ドワイトを知り合い再び昔の生活に戻れると期待するのですがその望みは無残に打ち砕かれてしまうのでした・・。
映画記事

久しぶりのチャンバラ映画「多十郎殉愛記」を観て日本刀の美しさを実感!海外で何故“サムライ”が人気なのかを納得できた

長州藩脱藩浪人、清川多十郎は京都で自堕落な生活を送っていましたが討幕派の長州藩出身という自分の身元がばれたことで、幕府擁護派の見廻り組から目をつけられ不利な戦いを挑まれることになるのでした。
映画記事

幼いころは当然のように一緒にいた家族だったのに・・映画「ナポリの隣人」で老いた父親と成長した子供たちのねじれた関係は修復できるのか??

元弁護士の70代のロレンツォは一人暮らしのアパートの隣に越してきたミケーレ一家と親しくなり、かっての自分の家族を思い出します。すでに自分の妻はなくなり子供たちも成長して家族はバラバラになっていましたが、隣の家族を疑似家族のように思うロレンツォ。しかし悲惨な事件が起こってロレンツォのそんな思いも打ち砕かれてしまうのでした・・。
スポンサーリンク