映画「告白小説、その結末」は名匠ポランスキーのサスペンス

スポンサーリンク
映画記事

今日は。カナエです。

今回も映画のご紹介をさせていただきます😊

スランプに陥った小説家とその女性ファンとの確執はどうなる?

<告白小説、その結末>

🌻映画詳細🌻

【フランス・ベルギー・ポーランド合作映画】

劇場公開 2018年(日本)

監督  ロマン・ポランスキー

脚本  ロマン・ポランスキー、オリビエ・アサイヤス

原作  デルフィーヌ・ドゥ・ビガン

出演  エマニュエル・セニエ、エヴァ・グリーン

📝急接近する小説家とファン

  <画像出典>https://eiga.com/movie/88917/gallery/3/

自分の家族の告白小説で人気を博した小説家のデルフィーヌ(エマニュエル・セニエ)。

ファンとのサイン会で美貌のエル(エヴァ・グリーン)という自分のファンと知り合い、気の合った二人はたびたび話をするようになります。

次の作品を書けないスランプや小説で自分の家族の問題を暴いたことからの誹謗中傷に苦しむデルフィーヌはエルを頼りにするようになり、二人は一緒に住むようになります。

けれどデルフィーヌの次回作への干渉や、取材や講演などの仕事にも口だししてくるエルにデルフィーヌはだんだん煩わしさを感じ、二人の仲に亀裂が・・。

エルは部屋を出ていきます。

  <画像出典>https://eiga.com/movie/88917/gallery/3/

しかしその後デルフィーヌが階段から転げて足に怪我をしたのを知ったエルは自分の山荘で静養するよう彼女を誘うのでした。

エルも有名人のゴーストライターの仕事をしていたので二人は山荘で仕事の構想を練り始めます。

エルの身の上話に興味を持ったデルフィーヌは次作はエルのことを書こうと決め、そしてノートにエルの話したことを記録していくのでした。

しかしそれをエルが見つけてしまい、デルフィーヌは彼女からの殺意を感じます。

  <画像出典>https://eiga.com/movie/88917/gallery/3/

彼女の料理を食べるにつれて体調を崩していくデルフィーヌ・・彼女は松葉杖のまま山荘から脱出します!

公道に出ると車にはねられて溝に転落した彼女は次の日にやっと助けられるのでした・・・。

📝次回作が完成し再びサイン会に

その後エルの消息はわからなくなりますが、デルフィーヌは出版社にいくと編集者が素晴らしい作品を送ってきたと彼女を絶賛するのでした。

その小説を読むデルフィーヌ。

そしてこれは私が書いたんじゃない、エルよ、と彼女は編集者に告げます。

  <画像出典>https://eiga.com/movie/88917/gallery/3/

サイン会が開かれ、再びデルフィーヌの前に人の列が並びます。

次々にサインしていくデルフィーヌ・・エルの姿が浮かびますが二度と彼女は現れないのでした・・。

 

🌺妖しい魅力にあふれたエヴァ・グリーン🌺

007のボンドガールにもなった彼女。

特徴的な瞳で謎めいた役が多いです。

いろんな映画に出てるんだけどフランス出身だったんですね。

国にとらわれない独特の雰囲気を持った女優さんです

コメント