ラストが衝撃的な映画「ゲットアウト」

毎日書いているカナエです。

今回は昨夜観た映画「ゲットアウト」をご紹介。

主人公クリスが自分の彼女の実家を訪れたことから奇妙な物語が展開します。

おかしな違和感満載の映画「ゲットアウト」

🌻作品紹介🌻

製作年 2017年

監督  ジョーダン・ピール

製作  ジェイソン・ブラム、ショーン・マッキトリック他

脚本  ジョーダン・ピール

出演  ダニエル・カルーヤ(クリス・ワシントン)、アリソン・ウィリアムズ

    (ローズ・アーミテージ)他

🌻ネタバレあらすじです!🌻

黒人の写真家クリスは白人のローズと恋人関係。

週末ローズの実家に招待されたクリスは二人で家に向かいます。

黒人で大丈夫かと心配するクリスにローズは全然平気と請け合いますが、途中道路に飛び出した鹿を車が轢いてしまってなんだか嫌な雰囲気に・・。

  <画像出典>https://eiga.com/movie/86610/gallery/2/

それでもローズの家に着くと両親がにこやかに迎えてくれました。

でも話の端々にどこかおや?と思う部分が・・(´-ω-`)

帰ってきたローズの弟のジェレミーも加わった夕食の席の会話もどこかひっかかる・・。

ローズの両親は医者で母親は精神科医。

 <画像出典>https://eiga.com/movie/86610/gallery/2/

彼女の禁煙の指導は完璧だと父親のディーンは愛煙家のクリスに指導を受けるよう勧めます。

そして夜眠れないクリスは起きていた母親から催眠による禁煙の療法を受けてしまいます。確かにタバコを吸う気が無くなったクリスですが釈然としない気分です。

ローズの家はお金持ちなのか、家には二人も使用人がいて黒人の男女でした。・・が、二人とも黒人同士なのにクリスに全然フレンドリーじゃありません。

とくに家政婦の方はクリスの携帯の充電の線を抜いたり、おかしなことをしてきます。

             笑顔も不気味・・

               ↓

 <画像出典>https://eiga.com/movie/86610/gallery/2/

そして煩わしいことに家でパーティをやることになりたくさんの白人が集まってきました。

その中に一人黒人の青年がいて年配の女性のパートナーのようなのですが、クリスが携帯のフラッシュをたくと急に態度が変わってクリスに襲い掛かってきます。クリスは彼に会った記憶があったので彼の画像を親友に送ると友人の女の子の彼氏だったことが判明。

パソコンで調べると彼は行方不明と出ていました。

気味悪さが頂点に達したクリスはローズにニューヨークに帰ると告げます。

クリスの気持ちを察したローズも一緒に帰ると言って鍵を探しますが見つからないと探しています。

その間にクリスはクローゼットの中からローズが複数の黒人男性と寄り添う写真を見つけ、家を飛び出そうとしますが弟に殴られて部屋に監禁されてしまいました

椅子に縛り付けられたクリスは前に置かれたテレビ画面からこの間のパーティに来た白人たちとローズの家族はある秘密結社を作っていて、若い黒人の脳と白人の老人の脳を入れ替えてなんと体をのっとっていたことを告げられます!(ローズの家の二人の使用人も実はローズの祖父母で、医者であるローズの父親が脳を入れ替えていたとのこと)

テレビ画面でローズの母親がクリスに催眠術をかけてきて、クリスは見ないでかかったふりをします。

そしてローズの弟と両親を倒して家から脱出!

・・しかし黒人のローズの祖父母、そしてローズまでが彼を追ってきます。

ライフルで撃たれそうになるクリス・・しかし直前でフラッシュを光らせるとライフルを持った祖父の黒人に黒人の頃の記憶が戻り、逆にローズを撃ってクリスを救うのでした・・。

そこへクリスの親友が助けに来て二人はニューヨークへと戻っていきます。

             皆に見られてる・・・

               ↓

<画像出典>https://eiga.com/movie/86610/gallery/2/

つまりローズは黒人の男性を家の連れ込む役目だったんですね・・

怖いんだけど、どこかユニークでノンストップで見てしまう面白い映画でした