映画「シッダールタ」と「リトル・ブッダ」を観て年の初めに“悟り”について考えてみた!

こんにちは。年も改まりましたね。カナエです😊。

BS日テレで古代インドの歴史ドラマ「ポロス~古代インド英雄伝~」が始まったので、今回は「シッダールタ」「リトル・ブッダ」というどちらもお釈迦様関連のインド映画二つをご紹介したいと思います。

映画「シッダールタ」と「リトル・ブッダ」について

✋映画「シッダールタ」は抒情的な美しさにあふれた映画

<画像出典>http://yururi.hatenadiary.jp/entry/2014/05/25/191910

とても映像の綺麗な映画だったのに昔の映画のせいか動画も画像も見つからず残念でした・・

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

【映画情報】

製作年1972年 米映画

監督コンラッド・ルークス

原題SIDDHARTHA

脚本コンラッド・ルークス

原作ヘルマン・ヘッセ

キャストシャシ・カプール、シミ・ガーレワール、ロメーシュ・シャールマー他

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

【映画のあらすじ】

ドイツの文豪ヘルマン・ヘッセの小説を映画化しています。

恵まれたバラモンの家庭に生まれたシッダールタ(シャシ・カプールは、自我や真理の追究のため友ゴーヴィンダ(ロメーシュ・シャールマー)と苦行の旅に出ました。しかし宗教上の思想の違いからゴーヴィンダと別れたシッダールタは自分自身の悟りを得ようとあてもない旅を続けます。旅の途中で彼は遊女カマーラ(シミ・ガーレワール)と出会い自堕落な生活にはまります。カマーラと暮らして商売が成功し富も得ましたが、シッダールタは空しさを感じました。彼はカマーラから去って河の渡し守の仕事に就きます。河は彼に“悠久の時間”を教えてくれました。

その後カマーラに再会したとき、彼女はシッダールタの息子を連れていました。カマーラが毒蛇に噛まれて死んだのでシッダールタは息子を引き取ります。彼は息子を愛して育てますが、息子は街の生活を望んで逃げてしまいました。

渡し守を続けて老いたシッダールタは、老僧となったゴーヴィンダと河のほとりで再会します。彼はゴーヴィンダに時は無限であり、すべての現象は通じ合っていると語るのでした。

✋映画「リトルブッダ」は輪廻転生の物語

『リトル・ブッダ』SAMPLE.wmv

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

【映画情報】
製作年1993年 イギリス・フランス合作映画
監督ベルナルド・ベルトルッチ
原題Little buddha
原作ベルナルド・ベルトルッチ
音楽坂本龍一
キャストアレックス・ビーゼンダンガー、キアヌ・リーヴス、ブリジット・フォンダ他
✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
【映画のあらすじ
1990年代のシアトル、9歳のジェシー(アレックス・ビーゼンダンガー)の家にチベットのラマ僧が訪ねてきました。
3人のラマ僧たちはジェシーがチベットの高僧の生まれ変わりだと言い、ジェシーたち家族を驚かせます。そしてジェシーにブッダの生涯を描いた絵本を手渡し、ブータンにある僧院へ来るよう促すのでした。ジェシーは母親(ブリジット・フォンダ)と本を開きます。そこから古代インドの仏教の開祖、シッダールタの物語が展開するのでした・・。
インドの王国の皇子として誕生したシッダールタ(キアヌ・リーヴス)。その誕生の祝いの席で遠方からやってきた賢者が皇子は世界の救済者となるだろうと予言しました。それを聞いた父親の王は皇子が自国から出ていく事を心配して苦しみの無い楽園のような生活を送らせます。
皇子は結婚して幸せに暮らしていましたが、外の世界に興味が募り城の外へと出かけてみました。そこでシッダールタが目撃したのは病に苦しむ病人や横たわった死人でした。
自分が暮らしていた世界はまやかしだったことに気づいたシッダールタ・・。彼は世界の救済のために修行の旅に出るのでした・・。
話はまたシアトルのジェシーに戻ります。ジェシーの父親のディーンが仕事のパートナーの自殺を知って落ち込んでいるとき、マ僧ノルブが再びジェシー宅を訪れました。ノルブはジェシーが高僧の生まれ変わりであるかのテストを行いたいのでチベットへ来るように請います。気持ちの沈んでいたディーンはジェシーを連れてチベットへ行くことを決めるのでした。
そしてまた話は古代インドへ・・
きびしい修行を続けるシッダールタですが、悪魔が現れて堕落させようとします。悪魔は美しい女性に姿を変えてシッダールタを誘惑し、火の矢を放ってきました。それでも屈しないシッダールタに悪魔は降参して消え、シッダールタはブッダとして覚醒するのでした。
チベットに到着したジェシーとディーンはジェシーと同じ生まれ変わりだとされる二人の子供と知り合います。生まれ変わりかどうかを判別する儀式を受けたジェシーたち3人は3人ともに生まれ変わりであることを認められました。
僧ノルブはジェシーに恭しく挨拶し、今度はあなたが私を見つけてくださいと言いました。そしてその後その言葉通りに息を引き取ったノルブの遺灰をジェシーはシアトルに持ち帰り、船から太平洋にまくのでした・・。

✋二つの映画の感想

カナエが観たインド映画って数が少なくてお釈迦様関連と「ガンジー」くらいかな。あとこのブログで記事にした「あなたの名前を呼べたならという映画もありましたっけ。
でもインドって映画産業が盛んなんですよね~ハリウッドをもじったボリウッドって呼ばれてるくらいですもん。すぐに踊り出すインド映画なんていって芸人のネタにもなっていますからねえ(‘◇’)ゞ。
「リトルブッダ」では若々しくエキゾチックな釈迦に扮したキアヌ・リーヴスを観ることが出来ました。不思議な輪廻転生の物語でしたが実際そうやってラマ僧たちは亡くなった僧侶の生まれ変わりを探すんだそうです(TVで観ました)。
そういえばTVの仰天番組などで、子供が自分の「前世」について母親に話したら実際にその人物が存在していたなんていう逸話も観たことがありますが、いくら年をとってもわからないことが世界にはたくさんあるんだなあ、と思います。
巨匠ベルトルッチの映画らしく重厚な映像美で描いて記憶に残る映画でした(特に僧たちが砂で描く模様がすばらしく綺麗!)。
ラマ僧たちのチベットの生活風景や城から出たシッタールダ皇子が悲惨な外の世界にショックを受ける様子なども印象的だったな。
映画「シッダールタ」はヘルマン・ヘッセの小説で10代の頃に読んだけどまったく覚えてない
です(-_-;)・・。この主人公の名前は仏陀と同じ「シッダールタ」だけど仏陀の生涯の物語ではなかったんだよね。でも自己の悟りを得るために修行の旅に出るところなんかは同じだからモデルではあるのかな、と思いました。