家族が集合したファミリー映画だと思ったのに突然クライムサスペンスへと急転回!観る側がざわつく映画「誰もがそれを知っている」のネタバレあらすじ、感想も!

スポンサーリンク
映画記事

こんにちは。こちらはなかなかお日様を見られない天気が続いています。

昨日は海のそばの公園をいつもの散歩したカナエですが、海側の柵にカラスがとまっているなあと思ったら、歩いていくと今度は結構大型のシラサギ(・・だと思う)、さらに歩くとなんとトンビが止まっていて一人動物園状態で得したかも?と思いました。携帯持ってなかったから写真撮れなくて残念でしたよ。別に離れているから喧嘩もしないんだなあ、平和だなと思いました(⌒∇⌒)

それでは今回は歳を取るごとに艶っぽくなるペネロペ・クロス主演の映画「誰もがそれを知っている」について書きたいと思います♥

 

スポンサーリンク

ハッピーな結婚式から始まったのに物語は深刻な誘拐劇に!・・・どうなるの??

💰映画データ

製作年

2018年 スペイン・フランス・イタリア合作映画

原題

Todos lo saben

監督

アスガー・ファルハディ(他作品「別離」「セールスマン」でアカデミー外国語映画賞)

脚本

アスガー・ファルハディ

音楽

ハビエル・リモン

キャスト

ペネロペ・クロス、ハビエル・バルデム、リカルド・ダリン、バルバラ・レニー他

💰映画のあらすじ(ネタバレ)

南米で家族と暮らすラウラ(ペネロペ・クロス)は妹の結婚式のため子供を連れてスペインの実家に戻ってきます。田舎の村でしたがラウラの実家はかつては多くの土地を所有する地主でした。現在はそれらを売り払っていましたが、年老いたラウラの父親は今でもそれを自分の土地だと主張しています。ラウラは恋人だったパコ(ハビエル・バルデム)とも再会しました。

<画像出典>https://eiga.com/movie/89036/gallery/

妹アンナの結婚式はにぎやかに催され、その後ラウラの実家でのパーティにたくさんの人々が集いました。しかし予想外の停電が起こり、騒然とする中ラウラの娘イレーネが誘拐されてしまいます。メールで莫大な金額を身代金として要求してきた犯人にラウラは絶望します。

<画像出典>https://eiga.com/movie/89036/gallery/

幸せな結婚式から一気に奈落に突き落とされたラウラたち家族。用事で来れなかったラウラの夫アレハンドロ(リカルド・ダリン)も知らせを聞いて南米からやってきます。ラウラはアルハンドロに昔パコに売った農園の話をします。農園を売れば身代金が手に入る・・。

パコは農園を売る・・だってイレーネはパコの娘だから

ラウラはこれまでアルハンドロとラウラしか知らなかった秘密をパコに伝えます。驚きうろたえるパコですが自分の娘を助けるために農園を売ろうとします。しかし妻のベアは許しません。

<画像出典>https://eiga.com/movie/89036/gallery/

警察に届けるとイレーネが危ないとラウラたちは警察には知らせませんでした。その代わり義弟フェルナンドの知り合いで元警察官のホルヘに助言を求めます。ホルヘはアルハンドロが無職でお金がないのにそんな巨額の身代金を要求するのはお金が用意出来るのを知っている身近な人間が犯人だと言います。

もしかしてその犯人はイレーネの父親がパコだと知っている?

実際イレーネはパコに似ていました。するとそれが推察できる家族の中に犯人がいる??

<画像出典>https://eiga.com/movie/89036/gallery/

ラウラの処に監禁されているイレーネからママ、助けてという悲痛な電話が来ます。取り乱すラウラを見てパコは農園を売る決心をしました。そして犯人に金を渡してついにイレーネを助け出すのでした。しかし農園を売ったことを許せない妻のベアは出て行ってしまいます。

実は犯人はラウラの姉の娘、ラウラの姪のロシオの夫でした。

ラウラの姉は娘の不審な行動を見てロシオが犯人だと見抜きますが、ラウラには伝えません。そしてラウラ家族が南米に帰ったあと夫に切り出すのでした・・。

💰映画の感想

ペネロペ・クロスって若い時はスレンダーな体形でキュートで清楚系に見えたのに、40代過ぎて迫力ある美女になりましたね~ビックリしちゃった(‘◇’)ゞ。この映画みたいにイメージ急転回です!昔ソフィア・ローレンっていう有名なイタリア女優さんがいましたがまさにそっち系のグラマラスな感じ(スペインの南部女風)になりました。

ちょっとペネロペについて調べていたら、ペネロペがインタビューで言ったとか言わないとか??

日本は嫌い。スペインに生まれて良かったわ~~。日本の男は内気で暗いし、女子はブスばっかりで顔が岩みたい。足が短くて歩き方もかっこ悪い。

などなど書いてあった・・。

もちろん本当にペネロペが言ったわけじゃないでしょう!!(ペネロペの名誉のために)。ひどい話ですが美女のペネロペに言われちゃしょうがないかなあと笑えたんでつい書いちゃった。欧米人は日本人って歩き方が変だってよく言いますもんね。自分たちは慣れちゃってるからわからないけどそう見えるのかも😶。まさにペネロペ本人から見たらそう見えそうで可笑しかった。しつこいけど本人が話したことではないですよ。ジョークです(笑)。 

<画像出典>https://eiga.com/movie/89036/gallery/

この映画で共演している元恋人、パコ役のハビエル・バルデムとは本当の夫婦ですトム・クルーズやオーランド・ブルームなど数々のイケメン俳優と浮名を流したペネロペも彼といると一番気楽と感じて結婚したらしいです。この映画の中でパコにラウラがイレーネはあなたの娘よ、とか言ってましたが、本当に娘いるだろうと思っちゃいましたね。そういう点でもシャレの効いた映画です👍

最初はどかどかラウラの家族が出てきて誰がどういう関係だか大家族で良くわからなかった・・。にぎやかでアットホームな田舎の田園風景が美しい映画なのかと思ったら意外な展開で良い期待の裏切り方をされてなかなかこしゃくな監督だなと思いました✨。

コメント