父親が娘にした約束は何だったのか??父と娘の絆を描いた「ガラスの城の約束」のネタバレあらすじ、加えて感想も!

すっきりしない天気が続きますね。カナエです(⌒∇⌒)。

今回はダメ親との思い出を描いた映画「ガラスの城の約束」をご紹介します。この映画はアメリカでベストセラーになった実話をもとに製作されました。

貧しくて絶望ばかりしていた・・・でも愛しい日々だった

映画『ガラスの城の約束』予告編

💖映画データ

製作年

2017年

監督

デスティン・ダニエル・クレットン

原題

The Glass Castle

脚本

デスティン・ダニエル・クレットン、アンドリュー・ランハム

キャスト

ブリー・ラーソン、ウッディ・ハレルソン、ナオミ・ワッツ、マックス・グリーンフィールド他

💖映画のあらすじ(ネタバレ)

定職を持たない父親と売れない画家という両親のもとに生まれたジャネット(ブリー・ラーソン)。5人家族は極貧で税金逃れに車で移動生活ばかりしていました。母親のローズマリー(ナオミ・ワッツ)は絵ばかり描いて子供の食事もろくに作りません。おなかをすかせた幼いジャネットは自分でソーセージを茹でようとしますがスカートにコンロの火がついて火傷を負ってしまいます。ジャネットは病院に入院しますが、不審に思った医者が児童相談員をよこしてジャネットの聞き取り調査を始めました。

その最中に父親レックス(ウッディ・ハレルソン)をはじめとしたジャネットの家族がやって来ます。相談員がいることを知ったレックスは弟のブライアンを騒々しく騒がせて周囲の注意を引き、その間にジャネットを病院から連れだし家族みんなで逃走してしまいました。

<画像出典>https://eiga.com/movie/87596/gallery/

学校に行きたいの・・

ジャネットはレックスにお願いします。しかしレックスは学校に行かなくても学べるものは沢山あると答えました。確かにレックスは博識で多くのことを子供たちに教えることが出来ました。そして夢想家のレックスはいつか家族が住める理想の家、ガラスの城を作るんだと言います。約束ね、というジャネットに約束だと笑うレックス。

<画像出典>https://eiga.com/movie/87596/gallery/

しかしレックスは酒浸りで働かないので家族は食事にも事欠く生活でした。食料の買い出しに行くと出かけてもみんなお酒にして飲んでしまうレックス・・。ジャネットは思い切って断酒するよう訴えました。怒ったようにジャネットを見つめるレックス。でも自分が間違っているとわかっているので娘の言う通りに覚悟を決めてついに断酒を成功させます。普通の父親のように働き始めたレックスをみて家族は喜びました。

<画像出典>https://eiga.com/movie/87596/gallery/

レックスは山奥の家を改造して自分が夢見ていた「ガラスの城」を作ろうとしていましたが、またお酒に手を出して働かなくなり生活はどん底に戻ってしまいます。もう成長していた子供たちはこんなひどい家からは出ていくしかないと考え、まず長女のローニーが出ていき次に次女のジャネットも奨学金で大学生となって家を出ました。

<画像出典>https://eiga.com/movie/87596/gallery/

もともと文才のあったジャネットは大学を出てからはコラムニストとなって自立します。恋人もできてニューヨークで裕福に暮らすジャネット。しかしレックスたち両親もニューヨークに移ってきてホームレスのような生活を始め、結婚を控えたジャネットを困惑させます。

当然恋人のディヴィッド(マックス・グリーンフィールド)とレックスがうまくいくはずもなく、ジャネットは父親たちとつきあうのは無理だと考えます。自分の婚約パーティに他の姉弟たちを招待したジャネットですが、両親は呼びませんでした。しかしレックスたちはやってきてお酒をがぶ飲みします。そしてそこでジャネットは母親のローズマリーが祖父の遺産を随分前に受け取っていて、お金は充分持っていたことを知らされて激昂しました。

それじゃああのひどい極貧生活は何だったの??

ジャネットと両親の間は決裂しました。

************************************************************

その後レックスが重病になったとローズマリーが知らせてきました。

家族が一緒だった頃は貧しくても父親の言葉でいつも皆が笑顔になっていた・・

そんなことを思い出したジャネットは死期の近づいたレックスに会いに行きます。ガラスの城が作れなかったと悔やむレックスに、パパといて幸せだったジャネットは涙を流しました。

そしてレックスが他界したあと、婚約をやめて自活するジャネットは家族を招いて食事会をします。

家族がいて良かった・・

ジャネットは皆と笑いあうのでした。

💖映画の感想

<画像出典>https://eiga.com/movie/87596/gallery/

金持ちが見る空は汚染されて星が見えない・・それなら山奥にいて綺麗な星空を見上げていたい・・

父親のレックスはクリスマスの夜まだ子供のジャネットに言いました。そして貧しくて子供たちにプレゼントをやれないレックスは、雪の中でジャネットと空を見上げながら「星をプレゼントするぞ。どの星がいい?」と訊ねます。「星は誰のものでもないよ」と笑うジャネット。「コロンブスだって新大陸を自分のものにした。空の星をあげても住民は殺さない」口の減らないレックスは言います。

レックスは人間の醜さやずるさを敏感に感じとる人だったのでしょう。マイペースなレックスとローズマリーのおかげで子供たちは苦労しましたが精神的な財産は沢山もらったんだと思います。

映画の最後に本物のレックスやローズマリーが登場しますが、自分を貫いたすごい人生だなあと改めて思いました😊

ただ学校に行けなかった子供たちが大学に行けたりジャネットの弟のブライアンは警察官になったり、どうしてできたのかなあとその経過がわからなかったので疑問が残りました。きっとみんな地頭が良くて努力したんでしょうね💐