人斬りの恐怖におびえる武士の凄まじい葛藤を描いた映画「斬、」

こんにちは。カナエです。

今回は塚本晋也監督の初の時代劇「斬、」をご紹介したいと思います。

山村を舞台にした地味な制作の映画でありながら、塚本晋也監督自身も俳優として出演し、池松壮亮、蒼井優が熱演した中身の濃い観る人を圧倒する作品です!😄(敬称略)

映画「斬、」は壮絶な人斬りの世界を描いた塚本監督の才能が光る傑作!

映画『斬、』予告編

映画詳細

製作年   2018年 邦画

監督    塚本晋也

脚本    塚本晋也

音楽    石川 忠

キャスト  池松壮亮、塚本晋也、蒼井優、中村達也 

https://eiga.com/movie/89402/gallery/11/

映画のあらすじは・・

長く鎖国が続いた江戸時代末期、武士たちは藩を離れて浪人となるものも多く都筑杢之進(池松壮亮もそんな浪人の一人で、山村で農業の手伝いをしながら日々の食を得ていました。そして手のあいた時は農家の息子、市助剣術を教えつつ自分の腕も磨いていました。また市助の姉ゆう(蒼井優とは武士と百姓という身分の違いから気持ちを伝えあってはいないもののお互い憎からず想う仲でした。

平和な日々を過ごす三人でしたが時代は開国の動乱の波が迫っていました。武士である杢之進は江戸に出て戦いに参戦しようと考えます。そして杢之進の腕を認めた剣豪の澤村から一緒に江戸に行こうと誘われるのでした。また市助の剣裁きを見た澤村は百姓ではあっても自分の集団に入って江戸に行く事を勧めます。

https://eiga.com/movie/89402/gallery/11/

しかし出発の当日、杢之進は高熱を出して寝込んでしまい出発は延期になります。江戸に行きたかった市助はくさって山地で剣を振り回し、野党集団にからかわれた挙句殴られて怪我をしてしまいました。

https://eiga.com/movie/89402/gallery/11/

ゆうは痛めつけられた市助を見て腹を立てます。澤村は市助の復讐に向かいますが杢之進は躊躇します。杢之進は腕はたつものの真剣で人を斬ったことがなかったのでした。剣の達人の澤村は野党たちをやっつけますが一人をとり逃がしてしまいます。すると逃げた一人が新たな仲間を連れて農家を襲ってきました。市助や家族は殺され、命をとりとめたゆうは泣き崩れるのでした。

再び野党討伐に向かう澤村は杢之進を誘います。澤村はお前が野党と戦えと言って自分は身を隠します。しかし杢之進は真剣で戦おうとせず形勢は当然不利となって殺されそうになります。そこに澤村が現れて一気に敵数人を斬り殺すのでした。

戦いで深手を負ってしまった澤村ですが、あくまで杢之進を江戸につれて行こうとします。しかし出発の当日逃げ出す杢之進。それを追う澤村。澤村は自分を斬らなければお前を殺すと迫るのでした。逃げ続ける杢之進を執拗に追う澤村。そしてついに杢之進に斬りかかります。飛び散る血しぶき・・。しかしさらに激しく斬りつけた杢之進の刃で澤村は絶命するのでした・・。

人を斬るということに懊悩する主人公

いくら剣術にたけていても人の命を奪うこととは別・・杢之進は最後まで殺すことを拒み続けます。武士として人斬りは当然のことですから頭ではわかっている、でも体が拒否している。最初の江戸への出発の日熱を出したのもそれが理由でした。市助が殺されて悲しんでも相手を切り殺すことが出来ない・・澤村はそんな杢之進を歯がゆく思います。致命傷を受けて命が長くないとわかった澤村は自分を犠牲にして杢之進に人斬りの本能を目覚めさせようとするのでした。澤村を斬って人斬りになった杢之進は村を出ていきます。向かうのは江戸でしょうか・・待ち受けるのは血みどろの運命でしょうか・・。

https://eiga.com/movie/89402/gallery/11/

限定された場所での濃密な人間関係

最後の決闘シーンは圧巻でした。追い詰められていく杢之進を演じる池松壮亮の最後に噴出するエネルギーのすごさ、澤村演じる塚本晋也の殺気を押し殺した静かな雰囲気も怖かった・・。もちろん唯一の女性蒼井優の演技も素晴らしく迫力に満ちた展開で一気に最後まで魅せる映画でした。

カナエはこの映画を観て子供の頃の忍者アニメ「サスケ」を思い出しちゃった。確か白土三平という漫画家のアニメで敵と一騎打ちして勝っても孤独に去っていく主人公の姿が杢之進に重なりました。