映画「秘密」は19歳の広末涼子が熱演!

スポンサーリンク
映画記事

こんにちは。カナエです。

今回は若き広末涼子が難しい二役を演じた映画「秘密」(東野圭吾、原作)をご紹介します!

スポンサーリンク

広末涼子が40歳の中年の母親役に挑戦!

<映画 「秘密」>

🌼🌼映画詳細🌼🌼

製作年   1999年

監督    滝田洋二郎

脚本    斉藤ひろし

原作    東野圭吾

キャスト  広末涼子、小林薫、岸本加世子、金子賢他(敬称略)

☝映画のあらすじ(ネタバレ)

<画像出典>https://eiga.com/movie/39077/gallery/

杉田平介(小林薫)の妻、直子(岸本加世子)と高校生の娘、藻奈美(広末涼子)は雪山で自分たちの乗ったスキーバスが転落して重傷を負い病院に運ばれます。駆け付けた平介の目の前で妻の直子は息を引き取り、藻奈美は意識を取り戻します。しかし娘の発した言葉は「平ちゃん、私は直子よ」という驚くべきもの。なんと母と娘、二人の体がすり替わってしまい、死んだのは藻奈美の意識なのでした。

平介はそれから娘の体をもつ妻と暮らすことになります。

<画像出典>http://hurec.bz/mt/archives/2006/09/475_199809.html

はじめは信じられなかった平介ですが、藻奈美が自分たち夫婦しか知らないことを知っていたり、作る料理の味が妻と全く同じであったことから間違いなく妻の直子だと確信します。二人は夫婦として暮らし始めますが、姿は娘である直子に平介は戸惑いを隠せません。当然夫婦の営みなど出来るはずもなく、二人の間はぎくしゃくします。

外見上は娘の藻奈美である直子は、高校生として学校に行き、医大受験を目指します。医大を受ける理由は何故自分と藻奈美がこんなことになったのかを知りたいと言う気持ちからでした。平介も直子を応援します。そして直子は猛勉強の末に大学に受かり、大学生として生活を楽しみ始めます。するとキュートな容姿の直子は当然男子学生からのアプローチもあり平介は嫉妬から悶々とし始めるのでした。

そんな平介にもう一度夫婦として夜を過ごそうと言う直子。しかし横たわった直子はやはり娘の藻奈美でもあり、平介は抱くことはできないのでした。気まずいまま暮らし憂鬱になる平介と直子・・。

そんな折平介はラーメン屋で働く事故を起こしたスキーバスの運転手の息子、文也(金子賢)と言葉を交わします。文也は運転手の父親が家族の生活のために無理して働いて事故を起こしてしまったと悲し気に話します。それを聞いた平介は、事故の前に文也の父が同僚に家族の幸せが自分の幸せだと笑っていたと直子から聞いたのをと思いだし、それを文也に伝えるのでした。そして平介も直子が藻奈美として生きることを自分も父親として見守ろうと思い始めるのでした・・

そんな気持ちになった平介に合わせるように、直子にも変化が訪れます。ある日の朝、眠っている平介に「お父さん」と呼びかける直子。藻奈美の意識が戻ってきたのでした。平介は娘が戻ったことを喜びますが、一つの体に二つの意識があるのは無理な話で、徐々に直子でいる時間が無くなってくることに不安を感じます。そしてついに二人がデートした公園で久しぶりに直子になった娘から別れを告げられるのでした・・。

そして数年後藻奈美は父親を失っても頑張っている文也と結婚することになります。結婚式の後、寂しげに式場に椅子に座りこむ平介にウェディングドレス姿の藻奈美が声を掛けます。今までありがとうございました、と礼を言う藻奈美に平介は微笑みます。そして平介の顎を撫でる藻奈美。それは直子の平介への愛情表現でした。ハッとする平介。「お前は・・ずっと直子だったのか??」

娘は何も言わず艶然と微笑み続けるのでした・・。

😍父親役の小林薫と堂々と渡り合う演技をしたヒロスエにびっくり!

<画像出典>画像https://plaza.rakuten.co.jp/jyoudankeri/diary/201103160000/

この時広末涼子さんはまだ19歳なのに40歳の妻、直子をしっかり演じていたのには驚かされましたね。そして小林薫さんは男の色気むんむんで脂の乗った時期だったのに気圧されることなく演じていたのは、若いころから肝の座った女優さんだったんだなあと感嘆させられました。

もう20年前の映画ですから、今ほど規制がなくてヒロスエも結構なベッドシーンなどもあったりして頑張っていたと思います。そう考えると今の映画は淡々としていてつまらないですよね。もっと日常的な普通の人間でも人間的ないやらしさを前に出す場面があった方が生きている人間らしい。ちょっとアニメチックになりすぎてるんじゃないかな。

最後のウエディングドレスのヒロスエは綺麗でしたね💖ボーイッシュであっけらかんとしてるんだけど本当は顔の造りは整っていて肌も透けるように白い。ヒロスエブームを起こした女優さんだけあるなあと思いました。

物語は結局藻奈美として生きるために、直子が娘を装ったということで平介は騙されちゃったのね。でもそれをずるいと怒る以上に清楚で美しいヒロスエの花嫁姿でした🌼🌼🌼

コメント