映画「来る」よりも恐ろしいのは台風の「来る」!

映画「来る」よりもこわいものは・・・

こんにちは。カナエです。

昨日から急に秋らしくなりましたね。今回の台風は来る前から最強の台風として様々な警告があったので思ったより被害は少なかったんじゃないかと思っていましたが、やはり広い範囲で大きな被害があったようですね・・。

カナエ達の地域は幸いにもなんとかなったけどうちの市でも断水やら停電やら起こっている地域もあるようで・・次から次へと災害ばかりが目まぐるしく起こるようになってきて国家的損失も莫大だろうなあ~とため息が出ます。

世界の他の国でもいろいろ起きてるんでしょうね。水没しかかっている島だってあるんだもんね。なんとかならないのかなあ地球温暖化・・カナエ達にできることって具体的になんなんでしょう😓

自然災害って人の命を奪う最たるものなんだって最近思います。大地震はあっという間に何万人も殺してしまうし・・。今回東海関東を直撃した台風もいつ来るのかひやひやしながら当日は過ごしてました。

そんな台風の後で昨晩観た岡田准一(敬称略)主演の映画「来る」は恐ろしい怨霊の映画でしたが、自然災害に比べれば可愛いもんだよな~などと思って観てました。
<映画「来る」>

https://youtu.be/Z2MBqxsq4bo

☆★映画詳細☆★

公開年  2018年

監督   中島哲也

脚本   中島哲也、岩井秀人他

原作   澤村伊智

キャスト 岡田准一、黒木華、小松菜奈、妻夫木聡他

映画のあらすじ

田原秀樹(妻夫木聡)は子供時代に幼馴染の知紗という少女に山に連れていかれそうになった過去を持っていました。秀樹を連れて行く理由を秀樹が嘘つきだからだと言う知紗はその後行方不明になります。

それから秀樹は大人になり香奈(黒木華)と結婚して子供も持ちましたが、子供の名前を何故か知紗と名づけます。一見幸せそうな秀樹の家庭ですが内情は育児に忙しい妻と育児に協力しない我儘な秀樹はうまくいっていず、それでいながら秀樹は子供の育児ブログを書いて周りからさもイクメンな夫のように見られるのを嬉しがっていました。
そんな秀樹の家に得体のしれない❝何か❞がやって来ます。それは秀樹の家庭に憑りついて命を狙うのでした。家庭が壊れるのを恐れた秀樹は友人の津田に相談し、霊媒師の助けを借りて悪霊を遠ざけようとするのですが・・。

<画像出典>https://eiga.com/movie/88644/gallery/

ホラー映画って作り手側が楽しんでる??

俳優陣はみな演技がうまい方々を集めていたので見ごたえがありました。でも幽霊なのに何故そんなに血べったりのシーンがばかりいるのって感じもしました。もちろん殺される場合は仕方ないんだけどカナエはスプラッタ系は好きじゃなく、なるべく見たくない派なんでもっと心理的な恐怖が欲しかったな。

まあエンターテインメントのホラーとして見るならこうなるんでしょうけど、こういう映画って製作側がこうやったら怖いんじゃないのとか、もっと血をとか、楽しんでる感じがしちゃう😌カナエの偏見かな?
ただ憎しみの心をもつ人間が心の弱さを露呈した時に悪霊に襲われるという展開は観る側も無関係ではないと言う気持ちになりました💔