映画「ストーリー・オブ・マイライフ/私の若草物語」はテンポのいい展開に引き込まれる秀作!加えてネタバレあらすじ、感想も!!

スポンサーリンク
映画記事

こんにちは。暑さにうだるカナエです。

今回は録画したまま1年以上放置していた映画「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」が意外に面白かったので紹介したいと思います。「若草物語」と言えば有名過ぎてなんで今更ジョーの話なんかと思っていたのですが、若くて才気にあふれた女性監督が作ったらしく小気味よい新鮮さが光った映画でした。なんといっても主人公を演じた女優さんが良かったな💛。

それでは以下で詳細していきます。

スポンサーリンク

4人の姉妹のそれぞれの個性が丁寧に描かれていて誰でも共感しちゃう

🌼映画データ

製作年  2019年 アメリカ映画

原題   Little Women

監督   グレタ・カーウィグ 

原作   ルイザ・メイ・オルコット

脚本   グレタ・カーウィグ 

音楽   アレクサンドル・デスプラ

キャスト シアーシャ・ローナン、エマ・ワトソン、メリル・ストリープ他

🌼映画のあらすジ(ネタバレ)

19世紀、マサチューセッツ州コンコードに住むマーチ家の長女メグ(エマ・ワトソン)、次女のジョー(シアーシャ・ローナン)、三女のべス、末っ子のエイミーは個性豊かな四姉妹でした。メグは女優になるべきだと言われるほどの美人でしたが堅実な性格、一方妹のジョーは対照的にこの時代の女性には難しい小説家を目指す野心家でした。そして年下の妹たちのベスはピアノを弾くのが上手で、エイミーは絵を描くのが得意でした。

<画像出典>https://eiga.com/movie/92285/gallery/

ある時パーティに出かけたメグとジョーですが、社交場が苦手なジョーが馴染めずに一人でいるとやはり居心地の悪そうな男性と知りあいになりました。彼は偶然にもジョーたちの家の隣の屋敷の資産家の孫ローレンスで、ヨーロッパからコンコードに来たばかりで退屈していたのです。二人はすぐに打ち解けて、ダンスをしていたメグが足を痛めたと知るとローレンスは親切に家まで送ってくれるのでした。

<画像出典>https://eiga.com/movie/92285/gallery/

それからは家族ぐるみのおつきあいをするようになったマーチ家とローレンスの一家。質素なジョーの家と違って豪華な屋敷に住むローレンスと祖父でしたが、祖父は娘と息子を失って寂しい思いをしていました。彼は三女のベスがピアノが弾くのが好きだと知ると家で弾いて欲しいと頼みます。立派なピアノを弾けると喜ぶベスでしたが、ローレンスの祖父も昔のように屋敷でピアノの音が鳴るたびに亡き娘を懐かしむのでした。

そしてメグはローレンスの家庭教師のジョンと親しくなって二人はゴールイン。4姉妹の裕福なマーチ叔母(メリル・ストリープ)は貧しい男性と結婚したメグに失望し、末っ子のエイミーを可愛がってヨーロッパへ行こうと誘うのでした。

ジョーとの結婚を考えるローレンスは意を決してプロポーズしますが、ローレンスに友達以上の気持ちの無いジョーは断ります。失恋したローレンスはヨーロッパで荒れた生活を送り、ジョーは小説家を目指してニューヨークで家庭教師をしながら出版社へ自分の小説を持ちこむ暮らしを始めるのでした。

<画像出典>https://eiga.com/movie/92285/gallery/

7年後ジョーはベスが病気だとの知らせを受けます。出版社からの要請で売れるための小説ばかり書いていて、それを友人から批判されたジョーは故郷に戻る決心をして列車に乗るのでした。家で母親や姉メグと抱き合い病床のベスを勇気づけるジョー。ベスはヨーロッパにいるエイミーには自分の病気を知らせないで欲しい、と言いました。

<画像出典>https://eiga.com/movie/92285/gallery/

マ-チ叔母とパリに住むエイミーはローレンスと再会していました。彼に好意を持っていたエイミーですがローレンスが姉ジョーを好いていたことを知っていたので、お金持ちのローレンスの友人、フレッドと結婚しようと考えていました。それはメグの結婚や小説家志望のジョーや病弱なベスという姉妹の中でエイミーが唯一の希望だとする独身のマーチ叔母の意見でもありました。

けれど次第にローレンスとエイミーの間で愛が育ち、ついにエイミーはフレッドの求婚を断ってローレンスと結婚することを決めます。そしてベスの死の知らせを受け取ったエイミーは叔母やローレンスと共に故郷に向かうのでした。

故郷にいるジョーはベスの死のショックで自分の無力さを思い知ります。小説家になること諦めたジョーは以前求婚してくれたローレンスへの想いを新たにし、彼とやり直したいと願うようになりました。けれどローレンスと再びあった時はもう彼はエイミーの夫になっていました

絶望に沈むジョー・・。彼女の心に死んだベスの声が響きました。

私のために小説を書いて

<画像出典>https://eiga.com/movie/92285/gallery/

それからは一心不乱に小説を書き続けるジョー。彼女の書きあげた❝マーチ家の物語❞は美しい装丁の本になって出版されます。完成した自分の本を見つめてジョーは静かに微笑むのでした・・。

🌼映画の感想

なんといってもエマ・ワトソン見るたびにああ、ハーマイオニーだという感が抜ぐ得ないしメリル・ストリープがこんなにおばあさんになったの??とびっくりぽんだった映画でした。

<画像出典>https://eiga.com/movie/92285/gallery/

話が現在と7年前に行ったり来たりして今度は現在?過去??と混乱気味にはなりましたが(主人公のジョーが7年前と現在での変化があんまりないので)、それでも飽きることなく2時間以上ある映画をいっきに観れたのはジョーを演じるシアーシャ・ローナンのいきいきとした演技、魅力的な出演者たちの熱演でした。物語の展開も瑞々しいスピード感があって若い監督の才能を感じました。

カナエはこの映画をWOWOWで予約したんですが二人の男性が解説をしていて、一人の男性が(いいおじさんなのに)面白くて映画の世界に入りたくなった、なんて言ってたのが可笑しかったです。そりゃ若い女の子がたくさん集まってる映画に出られれば楽しいだろうけどね(^o^)。

この映画は第92回アカデミー賞で作品賞はじめ計6部門でノミネートされていて、衣装デザイン賞を受賞しました。

コメント