BS日テレで再放送中の「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3」!そこでこの華麗なドラマをご紹介♥

こんにちは。カナエです(⌒∇⌒)。

長かった「ポロス~古代インド英雄伝~」が終わってその時間帯BS日テレでは何を放送するんだろうかと思っていたら、またもや「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」のシーズン3が始まりましたね!

多分「シーズン3」のあとで最終の「シーズン4」を放送するのではないかとカナエは思っているのですが、再び若き野心に満ちたヒュッレム妃が観れて嬉しいです✨。どうやら新しいシリーズの「新オスマン帝国外伝」も他局で始まるようなのでそちらにも期待が膨らみます。

あざとい美女たちの熾烈な争いを描いた トルコドラマ「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン3

<画像出典>https://plaza.rakuten.co.jp/khushishanti/diary/202001120000/

誰が一番の権力を得るのか?命懸けの闘争は続く・・

「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」 は2011年から13年までトルコで放送されたドラマです。原作、脚本はメラル・オカイ (1~56話)、ユルマズ・シャーヒン(57~139回)、監督は シーズン1~3までは ヤウムル・タイラン等、シーズン4はYağız Alp Akaydın等が担当しました。

ドラマ(シーズン3)の主な登場人物

スレイマン皇帝( ハリット・エルゲンチュ)

皇帝妃ヒュッレム( メルイェム・ウゼルリ)

大宰相イブラヒム( オカン・ヤラブク)

皇女ハティジェ(イブラヒムの妻、スレイマンの妹)、ニギャール(元後宮女官長、イブラヒムの愛人)

マヒデブラン妃(スレイマンの妃)、ムスタファ(皇子)、フィルーゼ(スレイマンの側女)

メフメト、ミフリマーフ(ヒュッレム妃の子供たち)、スンビュル( 後宮宦官長)

******************************************

第一週(1~3話)のあらすじ

スレイマン皇帝と結婚して皇帝妃となったヒュッレム。しかしそれでは飽き足らず最大の敵である大宰相イブラヒムを失墜させようと画策します。

<画像出典>https://www.cinemacafe.net/article/2019/08/05/62870.html

ヒュッレムはイブラヒムがニギャールを愛人にして子供を身籠らせたと知るとその妻であるハティジェ皇女に密告。激怒したハティジェと対立したイブラヒムは遠征にかこつけて去っていきました。

邪魔者がいなくなったとほくそ笑むヒュッレムですが、亡き母后の部屋を自分の部屋にしようとしたことで母后の娘であるハティジェとの関係が険悪に。ハティジェはヒュッレムが敵とみなすイブラヒムとは離婚しないと言い切りヒュッレムを失望させます。また夫のスレイマンからも母親の部屋を使うことを反対され窮地に陥るのでした。

第一週(1~3話)の感想

久しぶりに観た女たちの戦いはやはり激しい!

皇帝であるスレイマンと結婚して正式な皇帝妃となったヒュッレムは後宮で最大の権力者になりましたが、それをよしとしないハティジェ皇女やマヒデブラン妃たちはなんとかヒュッレムの力を削ごうと攻撃してきます。

彼女らはヒュッレムが受ける皇帝スレイマンからの寵愛を他の女に向けようと側女をスレイマンの寝所に送ろうとしますがヒュッレムに阻まれました。それでも自分の勢力を広げることに余念のないヒュッレムを野放しにはできない皇女たち。彼女に負ければ自分たちの命もどうなってしまうかわからない厳しい世界なのです。

シーズン3では皇女ハティジェとヒュッレムとの溝が深くなって争いもより残酷なものになってきました。皇帝スレイマンとハティジェの母親である母后の部屋をヒュッレムが乗っ取ったことをハティジェはどうしても許せません。とにかく出ていくよう命じるハティジェに食い下がるヒュッレム。この時の二人の言い合いはお互いの傷口をこじあけるような鬼気迫るもの(こんなことを他人から言われたら普通ダメージでかすぎで立ち直れないって😅)。

でもハティジェはあくまでも皇女でスレイマンの妹・・いくら正式な妻になったとはいえ奴隷上りのヒュッレムに対等であるかのような物言いをされるのは許せないのですね。この憎しみがこれからのヒュッレムの運命を変えていくことになるんだけど気性の激しいヒュッレムは決して彼女に屈しようとはしないんだなあ・・。まあそこがヒュッレムのヒュッレムたる所以なんだけど。

シーズン3ではドラマ「Mother」に出ていたジャンス・デレさんがスレイマンから寵愛を受けるヒュッレム妃のライバルの側女、フィルーゼとして登場します💛。


以下でシーズン3について書いたこれまでの記事を並べました。是非お読みくださいね